なんとクイーン新作リリース、その名も『The Cosmos Rocks』

twitterツイート
全国1億人のクイーン・ファンの皆さん!そうです、遂に完成しました。

『メイド・イン・ヘヴン』以来13年振りとなるクイーン最新作であると同時に、クイーン+ポール・ロジャースによるファースト・アルバムでもある、ロック・レジェンドのアルバム、そのタイトルは『ザ・コスモス・ロックス』。9月にリリースの予定だ。

アルバムは3種類のフォーマットが用意されている。スタンダードCD、ボーナスCD付きデラックス・パッケージ、そして2つ折アナログ盤という3種類だ。気になるボーナスCDは、クイーン+ポール・ロジャースの日本ツアー<スーパー・ライヴ>において2005年10月27日にさいたまスーパー・アリーナで収録された15曲のハイライト・パフォーマンスを収録したライヴ盤である。UK盤は9月15日に、US盤は10月14日に、日本盤は9月26日にそれぞれ発売される予定だ。

『ザ・コスモス・ロックス』は2007年11月から2008年8月にかけて、ロジャー・テイラーが所有するスタジオ“ザ・プライオリー”においてレコーディングとミックスが行なわれた。今回のアルバムは2005年に初めてクイーン+ポール・ロジャースとしてツアーを行なって以来、彼らにとって初めての新録アルバムであり、クイーンとしては1995年以来、13年ぶりのスタジオ・アルバムとなるものだ。
セッションに関してブライアン・メイ、ロジャー・テイラー、そしてポール・ロジャース次のように語っている。

「僕らはスタジオに入って、毎日演奏した。ありとあらゆることが起こった。それは僕らの間で起きた化学反応のようなものだった。素晴らしい、オーガニックな音楽が生まれた」

「内容は盛りだくさんだ。ギター・オーケストラもふんだんに取り入れられているし、昔の僕らのトレードマークも登場する。だが最も重要なのは、僕ら3人の演奏が聞けるってことなんだ。スタジオに入って実際にみんなで揃って演奏するってのは、最近じゃなかなかないことだけど、ニュー・アルバムではそんな音が聞けるよ」

「まだ“アルバム”って呼び方をしてるのかな? それさえもわからない。だがこれは本当に、昔からの意味での“アルバム”さ。かけて聴いていると、いつの間にか旅をしているような気分になる。そこで歌われている内容とかムードはかなり広範囲だけど、聴く人たちにとっては、約一時間を使い、浸り、つながりを持ち、そして何か新しいことを経験できるだけの手応えを感じさせるものなんだ」

「最近はこんなことを考える人もほとんどいないかもしれないけど、たいていのCDは単に曲を集めただけのもので、いくつかの違ったチームがプロデュースしたり、曲順もどうせiPodsでシャッフルして聴くだろうってことで適当に並べたものが多いような気がするんだ。もちろんその選択もあって当然だけどね! でも僕らの先生はビートルズであり、ヘンドリックスであり、ブルース&ソウルだった。つまり、それが今回の僕らの意図なんだ」

『ザ・コスモス・ロックス』に合わせて、クイーン+ポール・ロジャースは、2008年9月中旬より33日間におよぶヨーロッパおよび北ユーラシア・ツアーを開始する。ツアーは10月10日に英国に戻り、ロンドン02での2日間の公演と、最終公演である11月8日のウエンブリー・アリーナを含む11日間の公演を行なう予定だ。

またひとつ、歴史の扉が開かれる。

『ザ・コスモス・ロックス』
◆スタンダード・エディション
9月17日(水)日本発売(UK発売:9月15日)
<1CD> TOCP-60715 ¥2,500(税込)
◆スペシャル・エディション 限定発売
10月08日(水)日本発売
<2CD> TOCP-70634 ¥3,500(税込)

収録曲
【スタンダード・エディション】
1. Cosmos Rockin’ /コスモス・ロッキン
2. Time To Shine /タイム・トゥ・シャイン
3. Still Burnin’ /スティル・バーニン
4. Small /スモール
5. Warboys /ウォーボーイズ
6. We Believe /ウィ・ビリーヴ
7. Call Me /コール・ミー
8. Voodoo /ヴー・ドゥー
9. Some Things That Glitter /グリッター
10. C-lebrity /C-レブリティ
11. Through The Night /スルー・ザ・ナイト
12. Say It’s Not True /セイ・イッツ・ノット・トゥルー
13. Surf’s Up . . . School’s Out ! /サーフ・ザップ、スクールズ・アウト
14. (small reprise) /(スモール・リプライズ)

【ボーナスCD】
1. Reaching Out (Live In Japan) / リーチン・アウト
2. Tie Your Mother Down (Live In Japan) / タイ・ユア・マザー・ダウン
3. Fat Bottomed Girls (Live In Japan) / ファット・ボトムド・ガールズ
4. Another One Bites The Dust (Live In Japan) / 地獄へ道連れ
5. Fire And Water (Live In Japan) / ファイアー・アンド・ウォーター
6. Crazy Little Thing Called Love / 愛という名の欲望
7. Teo Torriatte (Live In Japan) / 手を取りあって
8. These Are The Days Of Our Lives / 輝ける日々
9. Radio Ga Ga (Live In Japan) / RADIO GAGA
10. Can't Get Enough (Live In Japan) / キャント・ゲット・イナフ
11. I Was Born To Love You (Live In Japan) /ボーン・トゥ・ラヴ・ユー
12. All Right Now (Live In Japan) /オール・ライト・ナウ
13. We Will Rock You (Live In Japan) /ウィ・ウィル・ロック・ユー
14. We Are The Champions (Live In Japan) /伝説のチャンピオン
15. God Save The クイーン (Live In Japan) /ゴッド・セイヴ・ザ・クイーン

◆クイーンオフィシャルサイト
◆SoundTownサイト
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報