S-WORD、5年ぶりのアルバムを今秋リリース

ツイート
8月10日(日)、渋谷O-EASTで行なわれたNITRO MICROPHONE UNDERGROUNDの祭典<NITRO CAMP '08>のレポートが到着した。

   ◆   ◆   ◆

ライヴはSUIKENのソロから始まり、続いてBIG-Z、DELI、DABOが登場。SUIKENにMARS MANIE、BIG-ZにSAMI-T(from MIGHTY CROWN)、DABOのステージにはR-RATEDのRYUZO&ANARCHYが登場するなど、豪華なメンツと各人の織り成すパンチラインに会場内は一気にヒートアップ。

DABOの後に、誰が続くのか? しばしのクールダウンの後、会場内が静まり返る中、スクリーンに「S-WORD」の文字が映し出されると会場はこの日一番の興奮状態に。

ソロとしては長らく沈黙を守っていたS-WORDがサイドMCのBAZOOを引きつれ登場、「KROSS' OVA(斬)」、「THE ANSWER」など数々のCLASSICに続き、待望の新曲「I JUST BE....」を披露。

夢を追っていた頃の自分を思い出しながら書き上げたというこのトラック。 “What did you wanna be?”とファンにメッセージを伝えるように歌い上げ、5年ぶりとなるNEW ALBUMへの期待度を高めるに十分な1曲であった。

同楽曲は、当日21時~24時の3時間限定でCOOLSOUNDから「着うた」の超先行無料配信を行ない、会場に詰め掛けたファンには思いがけないうれしいプレゼントとなった。(8/11からはCOOLSOUNDで超先行有料配信中。アルバムは今秋リリース予定)

そしてライヴの最後には、もちろんNITRO MICROPHONEUNDERGROUNDが登場。冒頭の「STILL SHININ' 」からアンコールの「NITROMICROPHONE UNDERGROUND」まで、ノンストップで飛ばしまくるメンバー 8人の迫力とパワーと詰め掛ける聴衆で会場内は凄まじい熱気に。会場を埋め尽くした1300人の聴衆にとって<NITRO CAMP 08'>は、この夏一番の思い出になった事であろう。

2009年には10周年を迎えるNITRO MICROPHONE UNDERGROUND。今年の秋には、S-WORDが5年振りとなる3rdアルバムを発表するなど、10周年に向け、その活動はさらに活発化。彼らの動向から目が離せない1年になりそうだ。
この記事をツイート

この記事の関連情報