高見沢俊彦、ツアーファイナルで4人のエンジェル・ギタープレイ披露

twitterツイート
2007年、多彩なアーティストとのコラボレーションで話題を呼んだ、高見沢俊彦ソロプロジェクト。2008年も多くの熱い声に応えて同プロジェクトを始動させた高見沢が、8月2日の渋谷C.C.Lemonホールを皮切りにスタートさせた7ヶ所7公演のソロツアー<THE 3RD PLANET Presents「高見沢俊彦のロックばん R&TV」SPECIAL KaléidoscopeII ~鋼鉄天使の凱旋~>のファイナル公演を、8月16日、17日にパシフィコ横浜にて行なった。

両日の観客入場者数が約10,000人となったファイナル公演のチケットは、発売とともに即日SOLD OUT。ライヴではアンコールを含め約3時間半、全22曲を演奏した。

パシフィコ横浜2daysでは、ルーク篁(CANTA ex 聖飢魔II)、KOJI(ALvino ex La'cryma Christi)、中川 量、ただすけ、吉田太郎、そうる透の6名に加えて、シングル「月姫」の作詞を担当したANCHANG(SEX MACHINEGUNS)がスペシャル・ゲスト・ギタリストとして出演。高見沢を含めた4人のギタリストの競演で、ステージを大いに沸かせた。

■4人のエンジェル・ギタープレイが見られる「月姫」PV

ライヴは2007年にリリースした16年ぶりのフルアルバム『Kaléidoscope』からのナンバーで、一気にヒートアップ。本編ラストは最新シングル「月姫」で締めくくられた。

アンコールでANCHANGが登場すると、メンバーも観客もヘッドバンギングの嵐。4人のエンジェル・ギタープレイで観客を圧巻し、会場は最高潮に盛り上がった。最後に高見沢は「今日は終わりたくない夜だ! でもここでつかんだものは決して無駄にせず、THE ALFEEの活動につなげていきます! 終わりとは新たなスタートです」と、ファンの心に染み渡るような一言を放つと、シングルカップリングの「One Way Love」を演奏して幕を閉じた。

7月30日にリリースしたニュー・シングル「月姫」は、8/11付けオリコンシングルチャートで初登場4位を記録。高見沢はこの後、10月3日サンシティ越谷市民ホールを皮切りに、12月23日、24日の日本武道館を経て、12月28日の大阪城ホールまで全26公演のTHE ALFEE秋ツアー<THE ALFEE AUBE 2008 RENAISSANCE>を行なう。

■ライブツアー参加アーティスト
ルーク篁(CANTA ex 聖飢魔II):E.Guitar
KOJI(ALvino ex La'cryma Christi):E.Guitar
中川量:E.Bass
ただすけ:Keyboards
吉田太郎:Drums
そうる透:Drums
ANCHANG(SEX MACHINEGUNS/パシフィコ横浜Special Guest Guitarist)

<高見沢俊彦 LIVE TOUR KaléidoscopeII ~鋼鉄天使の凱旋~ 2008.8.17 パシフィコ横浜>
1.Kaléidoscope
2.君に会いたい
3.O.Z.Y
4.千年ロマンス
5.愛の偶像(ラブ・アイドル)
6.Super Star
7.ヤマトより愛をこめて
8.天使の奇蹟
9.Desire Red Rose2008
10.まほろば
11.禁断の果て
12.白夜~Metal Byaku-ya~
13.月姫
≪アンコール≫
1.Berlin Rain
2.Techno Glamorous
3.Lonely Heart
4.Endless Dream 2007
5.へびめた夏休暇!(横浜メタル編)
6.悲劇受胎
7.騒音おばさんVs 高音おじさん
8.月姫
≪Wアンコール≫
One Way Love
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報