オシャレポップスを愛する青年・根岸くんがその意に反して、デスメタル・バンド“デトロイト・メタル・シティ”のヴォーカリスト、ヨハネ・クラウザーII世としてカリスマ的人気を博してしまうというギャグマンガ『デトロイト・メタル・シティ』。原作が300万部を突破し、2008年の夏にはセルDVDでのアニメ化に続き、松山ケンイチ主演による実写映画の公開(8月23日公開)と、空前のD.M.C旋風が吹き荒れている。

そして、コミックの劇中に登場する代表曲のひとつ「SATSUGAI」は、デトロイト・メタル・シティのデビュー・シングルとして8月7日にリリースされ、オリコン・ウィークリー・シングル・チャートで7位に初登場。さらに、20日にリリースされたアルバム『魔界遊戯』は同アルバム・チャートで初登場4位にランクインという、インディーズのデスメタル史上初の快挙を成し遂げた。

◆D.M.C関連楽曲PV一挙公開中!
デトロイト・メタル・シティ「SATSUGAI」
デトロイト・メタル・シティ「魔王」
根岸崇一「甘い恋人」
金玉ガールズ「デタラメ・マザコン・チェリーボーイ」
MC鬼刃「フロムNYシティ」

しかもDMCのランクインと合わせるかのようにスリップノットやドラゴンフォースの新譜がそこに名を連ねるという、地球温暖化による天変地異がオリコン・チャートにも影響を与え始めているのだ。「メタルは文化だ!」というクラウザーさんの名言通り、いままさに、デスメタルが日本の音楽シーンをレ○プし、新たな伝説が生まれようとしている。そんな歴史的瞬間に立ち会えたことを、悪魔に感謝したい。(※参考:クラウザーさん、「○○○は文化だ!」と新たな名言を発する

ちなみに、デトロイト・メタル・シティのアルバム『魔界遊戯』には、先行シングルの「SATSUGAI」「魔王」はもちろん、「恨みはらさでおくべきか」「ファッキンガム宮殿」など原作に登場する衝撃の楽曲たちが収録されている。

税込み6,660円という悪魔的価格の完全生産限定盤には「DMC信者キット」という謎のグッズも同梱。さらに、先行シングルの「SATSUGAI」と「魔王」、そしてアルバム『魔界遊戯』の3作品の購入者を対象に、原作版『魔界遊戯』リアルジャケットと、映画版「根岸崇一 お遊戯」ジャケット(写真)が表裏になった「スペシャルスリーブジャケット」が抽選で当たるということもあり、D.M.C信者たちのコレクターズ・アイテムとなることは必至だ。

●ヤングアニマル・オフィシャル・サイト
●デスレコーズ・オフィシャル・サイト
●映画『デトロイト・メタル・シティ』・オフィシャル・サイト