音楽で描かれた絵本のようなファンタジー作品 Q;indiviの『philharmonique』

ツイート
音楽で描かれた絵本があったとしたら、読んでみたいと思いませんか ──?

そんな、“音楽の絵本” とも表現できそうなアルバムが、Q;indiviの『philharmonique;』だ。

『philharmonique;』のCD情報

数多くのCMとのコラボ、YUKI「JOY」、元気ロケッツ「Heavenly Star」「Breeze」「SMILE」等の楽曲提供を行ない、耳の肥えた音楽ファンの間では知られているミュージック・ファクトリー=Q;indivi(キュー・インディヴィ)。彼らの1年ぶりとなる作品が、9月3日に発売された、待望の2枚組2ndアルバム『philharmonique;(フィルハーモニック)』。

“ハイパー・ファンタジー”を本作品のテーマに掲げ、クラシック・ミュージックとエレクトロニック・ミュージックの融合から、ファンタジー・ミュージックを構築。中でも、アルバムコンセプトを明確に表す曲が2曲目に収録された「Love You」。バッハの「メヌエット」を解体し考察。あのクラシックの名曲が最先端テクノロジーとの出合いにより、全く新しい“メヌエット”となって生まれ変わった。

なお、アルバムの全曲試聴は、オフィシャルサイトのディスコグラフィのページから可能。音で綴られるファンタジーの世界には、ドキドキやキラキラ、そしてあったかくなる物語が詰まっている。

また、ラフォーレ30周年を記念して、Q;indiviがアニバーサリー・サウンドをプロデュース。合わせて、Q;indivi初のワンマンライヴがLAFORET MUSEUM HARAJUKUで開催されることも決定した。

<Q;indivi Starliht Symphony by LAFORET 30th>
開催日時:2008年10月4日(土)
時間:開場17:00/開演18:00
会場:LAFORET MUSEUM HARAJUKU(ラフォーレ原宿6F)

Q;indivi オフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報