ザ・ビートルズとエプスタインの初契約書が4700万円で落札

ツイート
ビートルズが最初のマネージャー、ブライアン・エプスタインと交わした契約書が9月4日、ロンドンでオークションにかけられ、24万ポンド(約4700万円)で落札された。

4ページからなる契約書には、1962年1月24日の日付でジョン・レノン、ジョージ・ハリソン、ポール・マッカートニー、リチャード・スターキー(リンゴ・スターの本名)の署名のほか、未成年者だったジョージとポールの代理人として、父親のハロルド・ハーグリーヴズ・ハリスンとジェイムズ・マッカートニーの署名もあるという。契約の内容は、各メンバーが週給200ポンド以上を得た場合、バンドの収入の25%がエプスタインに配分されることなどが記されているそうだ。

It's More Than Rock 'N' Rollと題されたこの日のオークションでは、他にジミ・ヘンドリックスがステージで火をつけたギターが、およそ28万ポンド(約5500万円)で落札。1967年3月にロンドンのアストリアで行なわれたコンサートの最中に火をつけられ、ボディに焦げあとが残った1965年製のフェンダー・ストラトキャスター(サンバースト/ローズ指板)で、彼の広報担当だったトニー・ガーランドの両親宅から2007年に見つかったもの。ギターのピックガードには新品時のビニールシートが残っており、パフォーマンスのために用意された新品のギターだったことが憶測できる。

また、ドアーズの故ジム・モリソンが、亡くなる直前に詩や文章を綴ったノートは、5万8000ポンド(約1140万円)で落札された。

Eugene Fields
この記事をツイート

この記事の関連情報