BoA、アジアの歌姫から世界の歌姫へ

ツイート
アジアの歌姫・BoAのアメリカ進出が決まった。

9月10日、韓国ソウル内のインペリアル・パレス・ホテルで、BoAのアメリカ進出に関する記者会見が開かれ、アメリカデビューに向けて今まで準備してきたことや今後の展望などについての説明が行なわれた。

SMエンタのスーマン会長も出席したBoA記者会見フォト

会見には、BoAをはじめ、東方神起や天上智喜、SUPER JUNIORなどが所属する韓国の事務所SMエンターテインメントのスーマン・リー会長、プロデューサー陣らが出席。しかしここでショッキングな報告が。会見場に現れたBoAはスタッフに支えられながら登壇。実は記者会見前日、事務所で記者会見の最終打ち合わせ終了後に階段から落ちて、左腕を骨折したという。

“昨日、階段から落ちて怪我してしまいました。こんな大事な日に怪我をしてしまって残念ですが、逆に今このタイミングでよかったです。”と、冒頭の挨拶で話した。

会見では、10月7日にiTunesなどでのデジタルシングル「Eat You Up」でデビューを果たした後、11月7日にはシングルを発売し、年明けにアルバムをリリースするというスケジュールを発表。

なお、今回の全米進出には、ビヨンセ、ジャスティン・ティンバーレイク・アッシャー等を手がけてきたマネージャー、マックス・グースがBoAのマネージメントにつき、デビューシングル「Eat You Up」のプロデュースにはマドンナ、ブリトニー・スピアーズ、ジェニファー・ロペス等のプロデュースをしてきたブラッドシャイ&アバントを起用する。さらに、ミュージックビデオはアジアの粋を集結したアジア版とクリス・ブラウンの振り付け師フライ・スティルズなどが参加しているアメリカ版の2バージョンを撮影するなど、アメリカ挑戦に向けての準備は万端。そのミュージックビデオ2ヴァージョンを世界初でお披露目した。

BoAは日本のファンに向けて “今まで、アジアでの活動中にアメリカデビューに向けて準備してきました。日本でのアーティスト活動やツアーなど多くの経験がアメリカで活動することへの自信を与えてくれました。アメリカでもがんばってきますので応援お願いいたします。もちろん、アメリカに行ったっきりではなくて、日本でも活動していきますので、ライヴなどで皆さんに会えることを楽しみにしています。応援よろしくお願いします。” とコメントした。

アジアの歌姫から、世界の歌姫にならんとしているBoA。「no pain, no gain」という名言のとおり、今回の骨折という「pain」と引き換えに、アメリカでの成功を「gain」してほしいと願うばかりだ。

BoAが感極まって座り込むシーンも。『BoA LIVE TOUR 2008 -THE FACE-』ダイジェスト映像
BoAオフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報