世界レベルのビートを放つSONPUB、渋谷でAYUSE KOZUEと…

twitterツイート
9月10日にメジャー1stアルバム『80 T.O 08 HAHA』をリリースしたSONPUB(サンパブ)が12日、渋谷アップルストアにてライヴを行ない、約500人の観客の前でパフォーマンスを披露した。

■「イノセント少年BOYYY feat. AYUSE KOZUE」PV視聴

SONPUBは、過去にRIP SLYMEやTERIYAKI BOYZ(R)、湘南乃風、Def Techなどのトラックメイカーとして活躍し、サンプリングマシーン(MPC)とVJ(映像)を駆使した“ビートプレイヤー”としてのライヴパフォーマンスに定評があるアーティスト。2007年末に来日した世界的な人気を誇るハウスユニット“ダフト・パンク”のフロントアクトも努めたほどの実力派である彼は、世界を視野に見る若手プロデューサーとして、現在最も注目されている一人だ。この日もVJ DIAGRAMの映像とシンクロしたライヴを展開し、観客を圧巻した。

さらに、アルバム収録曲「イノセント少年BOYYY」でフィーチャリング参加しているAYUSE KOZUEが登場すると、ファンが押し寄せ、会場は入りきれないほどの大盛況となった。

1stアルバム『80 T.O 08 HAHA』は、昨今盛り上がりを見せているエレクトロ等のダンスミュージック、そしてヒップホップからロックまで全てのフィールドのエッセンスが詰まった作品。世界レベルのビートを放つSONPUBのセンスが光る全13曲は、Ed bangerやKitsune好きから、カニエ、ファレル、ダフト・パンク、J-Dilla、Prefuse 73(プレフューズ・セブンティスリー)、Nujabes(ヌジャベス)、そしてPerfume好きにまで、ぜひ聴いてもらいたい作品だ。

◆リリース情報
1stアルバム『80 T.O 08 HAHA』
UMCF-1013 ¥2,500(tax in)
2008年9月10日発売
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報

amazon