LITTLE、総勢16名のSPECIAL BIG BANDでツアーファイナル

ツイート
LITTLEのツアーファイナル公演が、9月17日東京・赤坂BLITZで行なわれた。

“HIP HOPは参加型ライヴ”と名言するLITTLE自身の強い想いもあり、今回ツアーでは数々の企画やサプライズが用意されていたのも特筆点。すでに大きな話題を読んでいた、SCOOBIE DOとのコラボレーション、バックダンサーの一般公募、アート作品の募集、リクエスト曲募集、心に響いたLITTLEのリリック募集、そしてライヴレポーター募集…などなど、ツアー前からファン参加型の企画が多数立ち上がり、ツアー前からファンの期待度は最高潮に達していた状況であった。

赤坂BLITZライヴは1000人のファンを集め大盛況、LITTLEのテーマソングともいえる「ワンマンショウ」でライヴはスタートした。

前半は最新作『“YES”rhyme-dentity』の楽曲を中心にしながらも、10年前ソロ活動スタート時に作った「いいの2004」などの懐かしい楽曲や、“LOVER BOY”と称されるLITTLEならではのメロウで愛に溢れた「I love you miss microphone」「恋のクロスフェーダー」、HIP HOPへのリスペクトを詰め込んだ楽曲が並ぶパートでは急遽「MC~殺人マイクを持つ男」で日本最速の超高速RAPを披露し観客の度肝を抜くなど、10年のキャリアを持つ彼だからこそ表現できるバリエーション豊かな世界観を見せ付けてくれた。

ソロデビュー10周年のメモリアル・イヤーということで、メモリアルなライヴを作り上げるフィーチャリング勢も超豪華。パワフルなボーカルのBIG RON、この春話題を呼んだ“SHORTYS(ショーティーズ)”、Metis、COMA-CHI、童子-T、Mummy-D、CUEZEROらがスペシャルなライヴを盛り上げ、更にLITTLE念願の総勢16名からなるBIG BANDが登場。SCOOBIE DOを筆頭に、BLACK BOTTOM BLASS BANDのホーンセクションなどで構成された「LITTLE BAND」がお目見えした。

もともとジャズ・フリークのLITTLEが表現したかった「LITTLE流、BIG BAND」を率いた夢のライヴが実現のものとなり、新曲「N.I.C.E DAY!!」をはじめ、「Sing Sing Sing」「聖者が街にやってくる」「LIFELINE BABY」など今後の彼の活動の拡がりを予感させる興味深いパフォーマンスにファンは熱狂、盛り沢山の内容で全25曲を披露し記念すべきライヴは大盛況のうち幕を閉じた。

なお、LITTLEのツアー特設サイトでは、公募し選ばれたライヴレポーターからのリポートなど、ツアーを終えた今も特集が組まれている。

<LITTLE CONCERT TOUR 2008 『"YES"rhyme-dentity』>
2008/09/17 赤坂BLITZ
1.ワンマンショウ
2.Mr. Compact
3.KARMA feat.BIG RON
4.いいの2004
5.不純異性交遊
6.はつ恋の~What's Going On~
7.I SING, I SAY
8.Gradation feat.MICRO,SMALLEST,SHOGO
9.Stand by me
10.楽 feat.Metis 
11.I love you miss microphone
12.FREE STYLE 男女feat. COMA-CHI
13.恋のクロスフェーダー
14.Very Special
15. MC ~殺人マイクを持つ男~
16.RAPが好き
17.足跡の中を旅してる feat.CUEZERO,童子-T,Mummy-D
18.Sing Sing Sing
19.聖者が街にやってくる
20.N.I.C.E DAY!! (新曲)
21.LIFELINE BABY
22.夢のせい
EN1.& JOYRIDE
EN2.彼方
EN3.Yes!!~a raison d'tre~

◆LITTLEオフィシャルサイト
◆LITTLEマイスペース
この記事をツイート

この記事の関連情報