“仙台のドブネズミ”が故郷に恩返し。ナイトメアが宮城県庁に200万円寄付

twitterツイート
宮城県出身の5人組ヴィジュアル系バンド、ナイトメアが、9月26日(金)にZepp Sendaiで<岩手・宮城内陸地震 チャリティーライブ>を行ない故郷に恩返しをした。チャリティーというライヴの趣旨から、セットも照明も最小限なごくシンプルなもので、2階席には被災地のファンが無料で招待された。

岩手・宮城内陸地震は、ナイトメアが今夏に行なっていたツアー中に発生。メンバーはツアー先でその知らせを受け「故郷のために自分たちができること」としてツアー各地の会場で募金活動を行なっていた。

ライヴの序盤で、ヴォーカルのYOMIから「みんなにたくさん協力してもらったおかげで、なんと200万円以上集まりました! いちばん感謝の言葉をいいたいのは、ファンのみんなです。ありがとうございます!」と報告。大きな拍手と歓声に会場が包まれるなか、YOMIはうれしそうな笑顔を浮かべながら言葉を続け「集まったお金を“お前ら実は自分の財布に入れてるんじゃないの?”って思ってる人たち、ちょっとだけいると思います(笑)。その誤解を取り払うために」といって、宮城県総務部危機対策課・菅原芳彦課長をステージ上に招き入れた。

宮城県庁を代表してライヴに訪れた菅原氏に、YOMIは「ナイトメアのファンのみんなと、メンバーとスタッフで集めたお金なので、ぜひ宮城県のために使ってください。お願いします」といって目録を手渡し、すべての気持ちを代弁するように深々と頭を下げた。

「みなさまの迫力に負けました(笑)」と、開口一番に笑いを誘った菅原氏。「皆様方からいただいた貴重な寄付金は、6月14日に発生した岩手・宮城内陸地震で被災された方々のために、しっかりと役立てるようにお使いいたしますのでご安心ください」とナイトメアのメンバーとファンに約束してくれた。

「“仙台のドブネズミ”的な感じだった俺たちが、宮城県に貢献できるようなバンドになれて超うれしい!」(YOMI)、「少しでも、こうやって地元に貢献できたことが、みんなの協力あってのことですけど、ほんとにうれしいです」(咲人/G)と、それぞれの言葉で感謝の気持ちとよろこびを表わした。

ナイトメアのライヴでは特別な曲としてファンからも愛され続けている「Star[K]night」を最後に演奏し、その途中で「宮城に生まれてよかったーっ!」と絶叫したYOMI。この日のメンバーは、いつものライヴで見せるものとは少しばかり違う、どこか誇らしげな表情だった。

ナイトメア オフィシャル・サイト

●「Lost in Blue」
2008年9月17日発売
M1. Lost in Blue
M2. 邂逅カタルシス
「Lost in Blue」試聴
「Lost in Blue」PV視聴
「邂逅カタルシス」PV視聴
【初回生産限定盤】 CD+DVD 「Lost in Blue」PV付
VPCC-82624 価格:1,500円(tax in)
特典:アニメ絵柄トレカ1種封入+次作シングルとの連動プレミアム特典応募券封入
【初回生産限定盤】 CD+DVD 「邂逅カタルシス」PV付
VPCC-82625 価格:1,500円(tax in)
特典:アニメ絵柄トレカ1種封入+次作シングルとの連動プレミアム特典応募券封入
【通常盤】 CD ONLY
VPCC-82261 価格:1,200円(tax in)
特典:トレカ1種ランダム封入(全6種)+次作シングルとの連動プレミアム特典応募券封入
(初回生産分のみ)+アニメステッカー(巻きオビ仕様)※期間限定

<Nightmare 2008 killer show final NIGHT FUCKER>
12月15日(月) JCB HALL Open/Start:17:30/18:30
12月16日(火) JCB HALL Open/Start:17:30/18:30
12月20日(土) 大阪厚生年金会館大ホール Open/Start:17:00/17:30
12月24日(水) 中京大学文化市民会館オーロラホール Open/Start:18:00/18:30(名古屋市民会館大ホール)
チケット料金/前売5,000(tax in)/当日6,000(tax in)
チケット一般発売 11月15日(土)
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報

amazon
amazon
amazon

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス