「女体マーケット」の鎌倉圭が新曲を配信

twitterツイート
2007年、ドライブのかかったグッド・フィーリングなギターサウンドと、辛らつに社会を風刺した楽曲「女体マーケット」がiTunesで話題となった鎌倉圭が、デジタルシングル「キズナ/デジタル難民」をリリースした。

今回のシングルは、いずれも鎌倉圭のポップなメロディーと独特な世界観が織りなす。<苦痛だろうが 不安だろうが とりあえず走ってしまえ><例え 長い道のりだろうと 僕らは止まってはいけない>と歌う「キズナ」は、Xbox用ゲームソフト「アガレスト戦記 リアピアランス」のタイアップ曲。一方、SNSサイトでの “友達” をアイロニーとともに痛快に歌った「デジタル難民」は、テレビ東京『モヤモヤさまぁーず2』の10月~タイアップソングとなっている。

鎌倉圭は、2007年7月4日、1stアルバム『love activity』でデビュー。先に紹介した「女体マーケット」が話題となり、同アルバムは「iTunes Store総合アルバムチャート」にて、5位を獲得。さらに、2008年7月27日にリリースされたiTunes限定配信パック『K!Tunes』は「iTunes Store 総合アルバムチャート」で1位を獲得。また、モバゲータウンでは「楽曲ランキング」1位、「クリエイター全国ランキング」でも1位と、ユーザーからの熱い支持を集める、ファンの心をダイレクトに揺さぶることのできるアーティストだ。ちなみにこのメガネ男子、アーティストであると同時に税理士でもある。

なお鎌倉圭は、10月29日に、2ndアルバム『Social Network』をリリースする。

◆iTunes Store 鎌倉圭「女体マーケット」(※iTunesが開きます)icon
◆iTunes Store 鎌倉圭「キズナ/デジタル難民」(※iTunesが開きます)icon
鎌倉圭 オフィシャルサイト
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報