大橋卓弥、初のソロツアー・スタート

ツイート
大橋卓弥が9月29日横浜BLITZ公演を皮切りに、ソロ初となる全国ツアー<大橋卓弥 with Drunk Monkeys TOUR 2008>をスタートさせた。

2008年に入って本格的にソロ活動をスタートさせ、「はじまりの歌」「ありがとう」「SKY」と3枚のシングルをリリースし、7月2日にはソロ・プロジェクトの集大成としてアルバム『Drunk Monkeys』をリリースした。

よりパーソナルな一面を前面に出した詞世界と、バンド・サウンドを基軸にしたサウンドで、新たなミュージシャン像を作り出し、幅広い引き出しとその才能を十二分にアピールすることになったが、あわせて、全作品アートワークに共通して起用された切り絵が全て実祖父による作品であったという驚きの事実も話題となったものだ。

9月29日、この日のチケットももちろん即日SOLD OUT。チケットをゲットできた幸運なファン1700名が集まり、超満員の熱気の中ライヴはスタートした。

内容はヒットシングル「はじまりの歌」「ありがとう」「SKY」など、アルバム『Drunk Monkeys』収録曲を中心にしつつ、ソロならではのカバー曲も披露。大橋卓弥の音楽的ルーツを感じさせる選曲にファンは大喜び。スキマスイッチの時には見せたことの無いまさにソロならでは演出も盛りだくさんであった。

「いやー、ライヴハウス楽しいですね。こんなに近くにお客さんの顔が見られてうれしいです。今回はバンドを組んだので、全国ライヴハウスを回りたかったんですよ。バンドで録ったCDの音源を(同じメンバーで)再現したかった。」

そんな初ソロツアーを楽しんでいるコメントと共に、「(スキマスイッチの相棒)シンタ君がいないと何言っていいのかわからない(笑)。でも昨日シンタ君から(頑張れ)メールがきたんですよ。ありがとうって返しました」と、会場のファンも盛り上がるエピソードも披露。

また12月に行なわれる日本武道館公演も発表され、大橋自身、スキマスイッチとしても立ったことのない武道館への意気込みを熱く語る一幕も。この日は全18曲を熱唱、2時間強にも及ぶ熱いライブで、スキマスイッチの時とは一味違う“ロックモード”の男らしいパフォーマンスを見せた。

ツアーはこの後も続き全9ヵ所18公演、追加公演の大阪城ホール、日本武道館公演まで、ソロ初ツアーは初々しくも熱いパフォーマンスで全国を駆け巡ることになる。

<大橋卓弥 with Drunk Monkeys TOUR 2008>
9月29日(月)、30日(火)YOKOHAMA BLITZ
10月6日(月)、7日(火)Zepp Fukuoka
10月15日(水)、16日(木)広島CLUB QUATTRO
10月21日(火)、22日(水)なんばhatch
10月24日(金)、25日(土)高知BAY5SQUARE
10月30日(木)、31日(金)Zepp Nagoya
11月7日(金)、8日(土)Zepp Sendai
11月15日(土)、16日(日)新潟LOTS
11月18日(火)、19日(水)Zepp Sapporo
12月14日(日)大阪城ホール
12月22日(月)日本武道館
この記事をツイート

この記事の関連情報