岡野宏典、自身の幅広い世界を網羅した1stアルバム発売決定

ツイート
2007年10月に発売したデビュー・シングル「レモネード」が、全国ラジオ局のパワープレイ等を獲得、デビュー後は、ハンドボールの宮﨑大輔選手やトランポリン日本代表の上山容弘選手とコラボレーションするなどして話題を呼んでいる岡野宏典の1stアルバム『キャンバス』が、11月5日にリリースされる。

今作にはデビュー曲「レモネード」(駿台予備学校2008春CMソング)、上山容弘選手公式応援ソング「ゴール」(読売テレビ『わくわく宝島2008』イメージソング)のほか、SUBARU LEGACY OUTBACK CMソングの「旅路」、NTV系『NN NEWS リアルタイム』リアルSPORTSテーマソング「フォトグラフ」、TBS系ドラマ『キッパリ!!』主題歌「世界で誰より愛してる」のシングル5曲を含む全11曲を収録。

初回盤にはボーナストラックに、彼の名前が世に出るきっかけとなった、佐藤竹善との共作楽曲「届いたらいいな 〜Gratitude〜」の“岡野宏典 Acoustic Ver.”を収録。佐藤竹善もプロデュースとバック・コーラスで参加している。

骨太なロック・テイストの楽曲から、アコースティック・フレーバーのバラードまで、岡野宏典の幅広い世界を網羅したエヴァー・グリーンなこの作品、2009年にはソロツアーを予定しているとのことなので、それまでにじっくり聴き込んでほしい。

1stアルバム『キャンバス』
【初回盤】UPCH-9443 ¥3,000(tax in)
【通常盤】UPCH-1628 ¥3,000(tax in)
2008年11月5日発売
◆iTunes Store 岡野宏典(※iTunesが開きます)
この記事をツイート

この記事の関連情報