髭男爵、“本場のクラシックを知る貴族”として「のだめ」を応援

ツイート
10月2日(木)にNHKホールで行なわれた<のだめオーケストラコン サート~アニメ版・巴里編~>に、10月9日(木)からスタートするTVアニメ『のだめカンタービレ』に出演する髭男爵の二人が“巴里からのお客様”として登場。“本場のクラシックを知る貴族”として、のだめオーケストラ、そしてTVアニメ『のだめカンタービレ』の魅力について語った。

<のだめオーケストラコン サート~アニメ版・巴里編~>~写真編~

自身の姿が初めてアニメ化されたことに関して、「貴族でよかった! プロフィールに“パリ出身”と書いておいてよかった」と喜んで笑いを誘った。また、かねてより「のだめ~」原作、アニメ、ドラマのファンだという山田ルイ53世からは、「今後はアニメだけでなく、原作コミックやドラマ版にも登場したい」という野望も飛び出した。

この日に行なわれた<のだめオーケストラコンサート~アニメ版・巴里編~>には、のだめオーケストラのほか、ゲストとしてゴスペラーズ、バイオリニストの宮本笑里も出演。

それぞれ、10月9日からスタートするTVアニメ『のだめカンタービレ』のオープニング曲(ゴスペラーズ「Sky High」)とエンディング曲(宮本笑里×solita「東京 et 巴里」)などを演奏し、会場を沸かせた(solitaはビデオコメントで出演)。

なお、当日演奏された「ボレロ」、「魔法使いの弟子」など、TVアニメ『のだめカンタービレ巴里編』の世界を彩るクラシックの名曲をコンパイルしたアルバム『のだめカンタービレ巴里編』が10月15日に発売される。

【 リリース情報 】
「のだめカンタービレ 巴里編」
2008年10月15日発売
ESCL3123-4/\3,675(tax in)

のだめオーケストラ・オフィシャル・サイト
この記事をツイート

この記事の関連情報