河口恭吾、井川遥にプロポーズ

ツイート
11月5日にニュー・シングル「未来色(ミライロ)プロポーズ feat.常田真太郎(fromスキマスイッチ)」をリリースする河口恭吾。11月26日にリリースするアルバム(タイトル未定)では、作詞/作曲が河口、常田の共作、歌唱は河口、編曲・プロデュースを常田が担当するなど、二人が全面コラボレートしていることがわかった。

常田はスキマスイッチとしてデビューする以前に、河口のバックバンドを務めていた時期があり、約9年振りの再会となる。9月に発売された河口のシングル「ただいま」のカップリング曲「君在是好日」は二人の共作で、この再会を機に今回の全面コラボレーションに至ったという。

今回の共作にあたり常田は、「なんとなく知り合って10年くらいの間柄ながら、まさかこんな形で一緒に作業するとは思いもよらなかったです。ざっくばらんな作業の雰囲気の中で2人の感覚が面白く交わってる作品だと思うので、たくさんの人に聞いて頂きたいです」と話しており、河口も「しんた君(常田)は、昔からの知り合いだけに、お互い妙な遠慮の無い空気感でやれてます。まあ、その分、ダメ出しもズバズバ来るんで大変ですけど(笑)」とコメントしている。

また、「未来色プロポーズfeat.常田真太郎(fromスキマスイッチ)」では、CM、Webドラマ、ジャケ写、PVなどで、井川遥と全面コラボレートする。同楽曲が井川遥の出演する京セラau携帯“W65K”CFソングの大型CMタイアップソングに抜擢されたことがきっかけだそうだ。

前シングル「ただいま」のカップリング曲「君有是好日」のレコーディング時に、プロデュースを手掛けた常田が河口に「新婚をテーマにしているのに結婚してないじゃん」と突っ込みを入れたところ、プロポーズをテーマにした同楽曲を作成することに。そして、同楽曲を聞いたCM関係者が、今回発売する携帯のイメージにぴったりだったため、タイアップが決定したという。

同CMは、京セラのWebで展開されるWebドラマ(www.namida.tv)とも連動、全面的なコラボレーションが実現。連動するWebドラマは、透子、花子、光子と3タイプの女の子が携帯をきっかけに、それぞれの彼からのプロポーズを受けるといった内容で、河口は「花子編」でデビュー後初となる演技に挑戦する。かわいいもの、花が好きな花子を演じる井川遥に「僕も君の好きなものになりたい」と河口恭吾がプロポーズする。

PVも、透子、花子、光子の3つのストーリーのダイジェスト版を楽曲のイメージにあわせて5分6秒で綴られる。

今回のコラボレートに関し、河口は、「楽曲が評価されて、このようなタイアップが決まった事を凄く嬉しく思います。またWebドラマでは、初めて演技をさせて頂いたのですが、そのお相手が井川遥さんと言う事で、人前で歌う事とはまったく違った緊張感を味わえました。今回の楽曲にピッタリなドラマになっているので、楽曲と共に楽しんで貰えればと思います」とコメント。

一方、井川は「3人の女性のストーリーをCMで演じることは初めてだったので、毎日ドキドキしていました。河口恭吾さんの歌声がプロポーズというテーマにぴったりな、温かい曲です。続きが見たくなる作品になったと思います。Webで楽しんでください」と、河口の“プロポーズ”に満足気な様子。

現在Webで公開されいるCMは、11月7日以降にオンエアされる予定。
◆iTunes Store 河口恭吾(※iTunesが開きます)
河口恭吾オフィシャル・サイト
この記事をツイート

この記事の関連情報