世界で一番楽しいクラシックコンサート<世界まるごとクラシック>

ツイート
コミック、アニメ、ドラマで話題の「のだめカンタービレ」や名曲を集めたベストアルバム『ベスト・クラシック100』の大ヒット、そして日本人クラシック・プレイヤーが世界に名だたるコンクールでグランプリを受賞するなども影響して、ここ最近、クラシック音楽の人気が沸騰している。高年齢層の秘かな楽しみであったクラシック・コンサートにも、最近では若い層が目立つようになり、クラシック人気は順調に底上げされているようだ。

そこで、“イージー、クラシックへカモン!!”をキャッチフレーズにして、大規模な新世代のクラシックコンサートが企画されている。それが、12月22日(月)に東京国際フォーラム ホールAで開催される<世界まるごとクラシック ~年末大感謝祭2008~>だ。

これは、誰もが耳にしたことのあるクラシックの名曲ばかりを集め、楽しく、わかりやすく、そしてカジュアルにクラシックに親しんでもらうことを企図したコンサート。テレビや映画で耳にしたことのある親しみある名曲の数々をコンパクトな長さで演奏するとともに、その背景にある逸話やクラシック音楽の楽しみ方をテレビなどでもおなじみの青島広志(写真:左上)がホストとして、おもしろおかしく、そしてわかりやすく曲目を解説してくれる。

また、とかく退屈してしまうと思われがちなクラシック音楽を視覚でも楽しめるように、会場には通常のクラシックコンサートではありえない巨大スクリーンを設置し、演奏中の演者の表情や手元の動きを大画面で楽しむことができるようになる。

2回目の開催となる今回は、ゲストにテレビ出演などで人気を広げているヴァイオリニストの川井郁子(写真:右上)、今もっとも話題を集めているピアニストの清塚信也(写真:左下)、そしてテノールの小野勉(写真:右下)を迎え、豪華に年末を盛り上げる。

クラシック音楽の美しい調べを聴き、その曲のエピソードなどを学び、これからの音楽生活を深みあるものにできる絶好のチャンス。ぜひ、体験してほしいコンサートだ。

<世界まるごとクラシック~年末大感謝祭2008~>
2008年12月22日(月)東京国際フォーラム ホールA
2008年9月12日(金)10:00よりイープラス
など般発売開始
出演:青島広志(指揮・お話・構成)、川井郁子(ヴァイオリン)、清塚信也(ピアノ)、小野勉(テノール)、THEATER ORCHESTRA TOKYO(オーケストラ)、平松混声合唱団(合唱)、行田フロイデ(合唱) 他

●演奏予定曲目
『くるみ割り人形』より「行進曲」「あし笛の踊り」「花のワルツ」(チャイコフスキー)
「キラキラ星変奏曲」(モーツァルト)
「タイスの瞑想曲」(マスネ)
「チャールダーシュ」(モンティ)
「ハレルヤ・コーラス」(ヘンデル)
「英雄ポロネーズ」(ショパン)
「軍隊行進曲」(シューベルト)
『四季』より「冬」(ヴィヴァルディ)
「きよしこの夜」「もろびとこぞりて」(クリスマス賛美歌)
「ピアノ協奏曲」第1楽章(グリーグ) 他
※演奏曲目は変更になる場合あり。
この記事をツイート

この記事の関連情報