藤井一彦、弾き語りによる初のソロアルバム

ツイート
THE GROOVERSの藤井一彦が、11月に自身初となるソロアルバム『LAZY FELLOW』をリリースする。

全編弾き語りによる全8曲中、6曲は書き下ろしの新曲、他はTHE GROOVERSの代表曲「ウェイティング・マン」のアコースティック・アレンジ、スクリーン・ミュージックの有名曲にして弾き語りでの十八番「MOON RIVER」のカヴァーだ。

バンドにおける代名詞的なエレキ・ギター・サウンドとは異なるテイストながらも、歯切れの良いギターリフ、個性的なヴォーカルが健在の充実した作品となったようだ。販売は、ライヴ会場での販売を主体に、オンラインショップ“Artist-Direct Shop 405”での限定販売となり、一般CDショップでは販売されないので注意。ライヴ会場販売は11月4日(火)名古屋クラブクアトロの弾き語りワンマン公演から開始となる。

▲『LAZY FELLOW』
BM tunes/BMCD-5005
2,500円(税込)
※紙ジャケ仕様/購入特典:オリジナル・ギター・ピック(初回生産分のみ封入)
THE GROOVERSとしての活動も、2009年には新作リリースへ向けたアクションを公言しており、さらに楽しみが増えたといえそうだ。

<HIKIGATARI SPECIAL@名古屋 ~独演上等~>
2008年11月4日(火)
名古屋・クラブクアトロ OPEN 18:00 START 19:00
前売3,000円/当日3,500円(税込・ドリンク代別)
[問]ジェイルハウス http://www.jailhouse.jp/ 052-936-6041
<HIKIGATARI SPECIAL~唯我独演@下北沢>
2008年11月8日(土)
東京・下北沢 440(four forty)OPEN 19:00 START 19:30
前売3,000円/当日3,500円(税込・1ドリンク付)
[問]440 http://www.club251.co.jp/440/ 03-5481-4143
◆THE GROOVERSオフィシャルサイト
◆オンラインショップArtist-Direct Shop 405
◆iTunes Store THE GROOVERS(※iTunesが開きます)
この記事をツイート

この記事の関連情報