英アルバム・チャート、キーンが初登場でトップに

ツイート
今週の英シングル・チャートは先週に続き、ピンクの「So What」が3週連続でトップをキープした。2位にはコメディアンのピーター・ケイが女装し、ジェラルディンの名でリリースした「The Winners Song」が初登場。ジェラルディンは、ケイのコメディ番組内にある架空のオーディション番組の優勝者。北アイルランド出身で太り気味の性転換者という設定だ。

これに対し、実在するオーディション番組『The X Factor』の昨年の優勝者レオン・ジャクソンの新曲「Don't Call This Love」は3位に初登場と、架空のキャラクターに負ける形となってしまった。ケイのレーベルであるPolydorのスポークスマンは素直に「『X Factor』に勝てて嬉しい」とコメントしている。

今週はこのほか、UKの新しいガールズ・グループ、サタデーズの「Up」(5位)、間もなくニュ-・アルバム『A Hundred Million Suns』をリリースするスノウ・パトロールの「Take Back The City」(6位)、Stuntをフィーチャーしたドイツ出身のDJ/プロデューサー・チーム、SASH!の「Raindrops (Encore Une Fois)」(9位)が新たにトップ10入りした。

アルバム・チャートはキーンの3rdアルバム『Perfect Symmetry』が初登場でトップに輝き、先週1位だったオアシスの『Dig Out Your Soul』は2位に、2位だったキングス・オブ・レオンの『Only By The Night』は3位にランク・ダウンした。

今週はキーンのほか、リユニオンしたアイルランドのボーイズ・グループ、ボーイゾーンのコンピレーション・アルバム『Back Again - No Matter What』が4位にチャート・インしている。

Ako Suzuki, London
この記事をツイート

この記事の関連情報