世良公則、クリスマスイブにソロシングル集&タツノコカヴァー集発売

ツイート
世良公則がソロとして初のシングルベストアルバム『UNDERCOVER~世良公則ソロシングルズ~』を、12月24日に発売することが決定した。1982年10月のソロ・デビュー以来のシングル全14曲をセルフ・カヴァーしている。また、野村義男とのアコースティック・ユニット“音屋吉右衛門(おとやきちえもん)”の初アルバムとなるタツノコアニメ公式カヴァーソング集『UNDER COVER ~タツノコソングス~』も同時発売される。

『UNDERCOVER~世良公則ソロシングルズ~』は、野村義男や元ツイストのメンバー神本宗幸らが参加するバンド「GUILD9」との強力タッグで、世良公則の唯一無二の世界観を余すところなく収録。「Your Song」(1983年)と「導火線」(1984年)は、今回が初のCD化となる。

マスタリングは、ザ・ローリング・ストーンズ等で活躍するDON TYLERが行ない、同バンドのオフィシャルカメラマンである有賀幹夫がジャケット写真を撮り下ろした。

過去を振り返らないスタンスの世良が、このタイミングでシングル集を発表した経緯については、「(所属レコード会社の)プロデューサーの方から『いままでキチンと統一されていなかった世良のソロ・シングル作品を、現在(いま)の世良の最高のメンバー、GUILD9で構築しましょう』との声があがり、それに加え、長年応援してくださっているファンの方、新しいファンの方々からも『入手したくても、できない作品がある。なんとか入手できないものか?』との要望がホームページなどにたくさん寄せられていることもあり、良い機会だと思い制作しました」と話している。

なお、『UNDER COVER ~タツノコソングス~』には、音屋吉右衛門としてカヴァーした「ヤッターマンの歌」を含むカヴァー曲と、テレビアニメ『キャシャーン Sins』挿入歌として書き下ろした「蒼い影」などを収録。タツノコカヴァー集の聴きどころについて世良は、「やはり“アコギでロック!”。今回は音屋吉右衛門’寿(ことぶき)としてベース、ドラムを迎え、よりハードな“アコギでロック!”をお届けします」とコメント。

また、同2作の出来映えについては、「もちろんどちらも“最高!”です。世良からのクリスマスプレゼント、是非一度体感してみて下さい」と自信たっぷりに答えている。
◆iTunes Store 世良公則(※iTunesが開きます)
この記事をツイート

この記事の関連情報