ハノイ・ロックス、突然の解散を発表

ツイート
親しみやすいメロディアスなロックンロールと、ステージ狭しと暴れまくるパフォーマンスで世界にその名を知らしめたバッドボーイズ・ロックの代表格ハノイ・ロックスが突如解散を発表した。

1981年にデビューしてブレイクしたにもかかわらず1985年に一時解散。しかし2001年に再結成し、2002年にサマソニで入場規制が出る程の盛り上がりで奇跡のカムバックを果たし、以降順調に活動を続けていた彼ら。なんとも惜しまれる解散劇だ。

以下、オフィシャルサイトに出されたステイトメントを紹介する。

   ◆   ◆   ◆

2008/10/21

ハノイ・ロックスは、2008年末をもってバンドを解散させることを決意しました。マイケル・モンローとアンディ・マッコイは、このバンドでできることを成し遂げられたと考えており、別々の道を進むことを願っています。

ハロウィーンの日から始まるUKツアーをはじめ、すでにアナウンスされている活動に関しては、予定通り行なわれることになっています。

さらにバンドは、2009年の春に日本をフェアウェル・ツアーでまわり、その直後に、80年代に彼らがキャリアをスタートさせたフィンランド、ヘルシンキの伝説的なクラブ『タヴァスティア・クラブ』で数回のショウを行い、すべてを終わりとさせることにしています。

ハノイ・ロックスはフィンランドでは11月26日、日本では12月17日にそのキャリアを総括した2CDベスト・アルバム『THIS ONE'S FOR ROCK'N'ROLL - THE BEST OF HANOI ROCKS 1980-2008』をリリースします。

バンドは、バンドを愛しサポートし続けてくれたファンや、一緒に働いてきたスタッフに感謝の意を伝えたいと思っています。

   ◆   ◆   ◆

とのことだ。2009年の春に日本をフェアウェル・ツアーでまわるということなので、それがハノイとのお別れになる。

アンディとマイケルという悪ガキ2人の絡みがもう見られなくなると思うと非常に悲しい思いではあるが、このままロック・キャリアを終了させるわけではないだろう。再び、その勇姿を日本のファンの前に見せてくれることを期待しよう。

◆iTunes Store ハノイ・ロックス(※iTunesが開きます)
◆ビクターエンタテインメント ハノイ・ロックス・ページ
この記事をツイート

この記事の関連情報