So'Fly、ルパンと不二子の声から学んだことがある?

ツイート
シングル「OLD DAYZ」と、2年3ヶ月ぶりとなる2ndフル・アルバム『Blood & Wine』を、10月29日に同時リリースしたSo' Fly。3本立てでお届けしているインタヴューの最終回、第3弾は彼らの作品ではお馴染みの、豪華声優陣によるSKITから学んだことを聞いてみた。

So' Flyメッセージ映像
「OLD DAYZ」PVメイキング
「OLD DAYZ」PV
「OLD DAYZ」Photo Album

◆インタヴュー【1】アッキーナ主演PVで話題のSo' Fly「OLD DAYZ」は実話だった?
◆インタヴュー【2】ジャンルレスなんだけど、どこか1本筋が通っている。それがSo' Flyの世界観かなって思う
◆インタヴュー【3】役者みたいに演じる楽曲がほとんどだったから『Blood & Wine』という想像の映画ができた

――今回もSKITには、峰不二子の声を担当している増山江威子さんと、ルパン三世の声を担当している栗田貫一さんが参加されていますね。

GIORGIO 13:そうなんですよ。やっぱりお二人の声が入ると、アルバムに魂が吹きこまれますね。さすがに自分の名前を読んで頂いたときは、ドキッとしました(笑)。

TOKO:お二人は子供のころから知っている声優さんですし、私も名前を読まれたときは、鳥肌が立つ感覚でしたね!

――それにしても今回もSKITの展開がおもしろいですよね。お笑い系だったり、真剣だったり、ドラマチックな感じですね。この設定はどのように考えたんですか?

GIORGIO 13:全部曲を作ってからセリフを考えたんですが、構成が決まったらすぐに書けましたね。栗田さんは元々コメディアンなので、今回はルパン三世だけじゃなくて、田村正和さんやジャパネットたかたの高田社長のモノマネなど、バラエティ豊かにやって頂いて、増山さんには普段使わないような少し過激なフレーズまで言って頂いて…。お二人とも本当にプロフェッショナルだなって思いましたね。真面目に話しているのに、ストーリーはかなり砕けているから、そのギャップがおもしろかったですね。

TOKO:“おもしろいアルバムを作りたいな”って思っていたので、前回同様、増山さんと栗田さんに参加して頂けたので、すごく嬉しいですね。

――ちなみに声優のお二人から学んだことはありますか?

TOKO:歌い方から息の吸い方、声の響かせ方まで、いろんな部分で勉強になりましたね。実際私も曲を作っている段階から、そういうことを考えていたので、さらにお二人を目の前にして再確認したっていうか。

――それは、すでにレコーディングのときに反映していたんですよね?

TOKO:そうですね。昔はテクニックに走りそうになった自分がいたんですけど、今回はまったくそういうのはなくて。歌に対して原点に戻ったっていう感じですね。気負いなく、ほどよく力の抜けた状態で楽しくできました。

GIORGIO 13:うん、本当に楽しかったですね。今振り返ってみると、前作は、実は素の自分なんですよ。でも今回、素の自分を出したのは、「OLD DAYZ」とか数曲だけなので、リアリティのある曲が浮き彫りにされていて、ちょっと恥ずかしいんですよね(笑)。楽曲によってキャスト設定をして、“こういうキャラクターでいこう”と話しながら作っていったんで。ある意味、役者みたいに演じる楽曲がほとんどだったから、映画みたいになりましたね。『Blood & Wine』という想像の映画ができたなって思っています。

<ライヴ情報>
GIORGIO 13 presents 『GIRLZ&BOYZ vol.2』
日程:2008年11月5日(水)
会場:代官山UNIT
出演:So' Fly / AYUSE KOZUE / Spontania / I THE TENDERNESS / Sweep... and more!!
開場:18:30/開演 19:00
前売り:2,800円 (ドリンク代別途500円)
学生割引:前売りチケットご購入のお客様に限り、当日学生証をお持ちのお客様500円割引!
当日:3,200円(ドリンク代別途500円)

◆iTunes Store So' Fly(※iTunesが開きます)
So' Fly オフィシャル・サイト
So' Fly OFFICIAL MYSPACE
この記事をツイート

この記事の関連情報