倖田來未、後藤真希、EXILEも参加の『レッドクリフ Part I』レッドカーペット

ツイート
11月1日より全国ロードショウされる映画『レッドクリフ PartI』。公開に先駆けた “前夜祭” として、六本木ヒルズにて<レッドカーペット>イベントが行なわれた。

エイベックス・グループ創立20周年記念、テレビ朝日開局50周年記念、東宝東和創立80周年記念作品となる本作品のレッドカーペットとあって、数多くの著名人、有名人が一堂に会した。

●『レッドクリフ PartI』レッドカーペットのフォトアルバム

レッドカーペットに登場したのは、倖田來未、EXILE、谷村新司、後藤真希、TRF、鈴木亜美、AAA、Every Little Thing、大塚 愛、hitomi、m.o.v.e、諸星和己、そしてジョン・ウー監督ら、総勢50名近く。それぞれ赤や黒を貴重とした、華やか、かつラグジュアリーな衣装でじゅうたんの上を颯爽と歩いた。

エイベックス・グループ・ホールディングス代表取締役の松浦勝人氏にエスコートされてトップバッターで登場したのは倖田來未。胸元をがっつりと大きく開いた、セクシーなドレスを身にまとった彼女がステージに上がると、集まった多くの観客から歓声が飛んだ。

倖田と並ぶセクシーさで会場を魅了したのは後藤真希。鈴木亜美とともに、後藤がリムジンから降り立つと、会場は驚きと声援が入り混じる。“すごい綺麗…” と、集まった10代、20代の女性たちの呟きも聞こえる中、大人の女性の妖艶さすらも身にまとった後藤真希は、鈴木亜美とともに笑顔で彩った。

AAAからは、西島隆弘と伊藤千晃が代表して参加。ライヴではあまり見せない、ドレッシーなスーツでキメたにっしーと、キュートで少し大人っぽいドレス姿の千晃に、女の子たちから黄色い歓声が。また、ハマの番長・三浦大輔投手とともに登場した竹内力の双子の弟・RIKIは、カーペット上で前転のパフォーマンスを行なったり、観客を煽ったりと会場を大いに沸かせた。

ひときわ大きな歓声に包まれたTAKAHIROとAKIRA(EXILE)に続いて、ラストには、この作品の監督であるジョン・ウーが夫人とともに登場。“『レッドクリフ』は私にとって一番重要な作品です。スケール感満載の作品を楽しんでください。” と、集まったファンに呼びかけた。

映画『レッドクリフ PartI』は、11月1日、日劇1他全国超拡大ロードショウ。

『レッドクリフ PartI』 オフィシャルサイト
alan、『レッドクリフ』試写会で主題歌披露- 2008-10-02
この記事をツイート

この記事の関連情報