11月26日にシングル「桜ノ雨」でデビューするabsorb(アブソーブ)に、40校にものぼる全国の中学・高校から来春の卒業式での合唱のオファーが殺到しているという。

absorbは、笹原翔太、中村博、森晴義の3名からなるヴォーカル+ギター・ユニットで、インターネットでの出会いがきっかけで結成。森を中心に現メンバーで2005年から活動開始し、インディーズで2枚のシングルを発表しており、今回の卒業をテーマとした楽曲「桜ノ雨」がメジャー・デビュー作品となる。

「桜ノ雨」は彼らのオリジナル楽曲だが、歌唱しているのはボーカロイド・ソフト(音声合成・デスクトップミュージック)の初音ミク。それをニコニコ動画上に発表したところ、視聴者数が急増し、有志が制作した膨大な数の「初音ミク+桜ノ雨」関連の動画がWEB上に乱立した。

そこから口コミで「桜ノ雨」オリジナル・ヴァージョンの人気と評価もうなぎ上りになり、遂にはファン有志による「桜ノ雨」合唱プロジェクトまでもが発足し、absorbのオフィシャル・ホームページ上の特設サイト「桜ノ雨学園」を通じ、現在全国約40校の学校から文化祭、卒業生を送る会、卒業式で生徒による合唱を実施したいなど、多くのリクエストが集まっているのだそうだ。

absorbのメンバーも、ネット上でのダウンロードによる合唱参加形式のヴァーチャル合唱、有志によるリアル合唱、そしてヴァーチャル合奏の参加者募集呼びかけなど、「桜ノ雨」プロジェクトの進化を計画しているという。

メンバーの手を離れ、今後も進化していくであろう「桜ノ雨」。2009年春の卒業ソングとして、注目度の上昇とヒットへの期待が高まる。

リーダーの森晴義は「ヴォーカロイドの初音ミクと出会いました。この子が実在していたら、もし学生だったら、そんな想いで作ったところ卒業の歌になりました。ライブで歌ったら、初音ミクに留まらずabsorbとして僕らのメッセージであり、またこの曲を聴いてくれる人達の全てのメッセージでもあると気づきました。この桜ノ雨がこの国でいつまでも歌い継がれていくことが僕らの夢です」とコメントしている。

◆iTunes Store absorb(※iTunesが開きます)
absorbオフィシャル・サイト