ブラザー・コーン、「サザンが休止の今が復活のチャンス」

ツイート
12年ぶりに再結成したバブルガム・ブラザーズが10日、都内スタジオにて、11月29日に公開される映画『デス・レース』のテレビCMのナレーション収録を行なった。

『デス・レース』は、1975年に公開され、カルト的人気を誇った映画『デスレース2000』のリメイク版。四方を海に囲まれたターミナル・アイランドと呼ばれる脱出不可能の刑務所で行なわれる生き残りを賭けた囚人達の命がけのレースを描いた、興奮度5000%のエンタテインメントムービー。

多くの報道陣が待ち構える中、スタジオに現れたブラザー・コーンとブラザートムは、久々ながらも息ピッタリにナレーションを吹き込んだ。ブラザー・コーンは、「ファンだった映画の復活ということだし、俺たちにとってもサザンが休止だから今が復活のチャンスかなと思いました」とコメント。ブラザートムは、「二人でやったものだと映画『ブルース・ブラザーズ』以来なので久しぶりデス。映画のTVCMのアフレコをやったのは初めてだったんですが、『デス・レース』の面白さを見る人にわかり易く伝えられるように心がけたんデス」とコメントした。

また、『デス・レース』にちなんで、二人の命をかけた挑戦について訊かれると、「今生きていることです」(ブラザートム)、「大病した時のことです」(ブラザー・コーン)と話した。ブラザートムは2006年に心筋梗塞(こうそく)、ブラザー・コーンは2005年に腎臓移植を受けている。

テレビCMでは、12月3日に発売されるバブルガム・ブラザーズの復活シングル「Daddy's Party Night(懲りないオヤジの応援歌)」が流れる。CMは11月15日より全国オンエア(一部地域を除く)。

映画『デス・レース』は、11月29日(土)より有楽座ほか全国ロードショー。

◆映画『デス・レース』公式サイト
この記事をツイート

この記事の関連情報