ポール・マッカートニー、前衛すぎてボツとなったビートルズ曲を公開?

ツイート
ポール・マッカートニーが、「アバンギャルド過ぎる」との理由でお蔵入りになったビートルズのトラックを40年ぶりにリリースしたいと考えているそうだ。1967年にレコーディングされた14分間のサイケデリック大作「Carnival Of Light」は、一度、ロンドンのフェスティヴァルでパフォーマンスされたものの、メンバーは実験的で「ファンには過激すぎる」と考え、封印することにしたという。

しかし40年以上の月日が経ち、マッカートニーは「日の目を見るときが来た」と考え始めているそうだ。当時のマスター・テープをまだ持っているという彼はBBCラジオでこう話した。「存在するよ。僕は気に入ってる。ビートルズっぽくなく、コースを外れたものだからね」

制作当時の状況をこう話している。「(アビーロード)スタジオに入って、毎日レコーディングしてたんだ。で、僕はこう言ったんだよ。“10分もらっていいかな?適当にシャウトしながらプレイするだけでいいんだ。意味をなさなくていい。ドラムを叩いたり、ピアノをでたらめに弾けばいいんだ”って。それにちょっとエコーをかけた。ものすごくフリーな感じだよ」

曲には、歪んだギターやオルガンのサウンド、ポール・マッカートニーやジョン・レノンが“バルセロナ!”“大丈夫か?”などとランダムに叫んだ声が入っているといわれている。ポール・マッカートニーはその後、同トラックをコンピレーション・アルバム『Anthology』に収録したいと考えたが、他のメンバーにより却下されたそうだ。

曲をリリースするには、リンゴ・スター、それにジョン・レノンとジョージ・ハリソンの未亡人からの許可が必要らしい。

Ako Suzuki, London
この記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス