世界初、その名も「エコうた(TM)」をエンヤがリリース

ツイート
11月12日に3年ぶりのニューアルバム『雪と氷の旋律』をリリースしたエンヤが、世界初となる「エコうた(TM)」を11月19日に発売した。

エコうたとは、着うたフル(R)1曲の購入により苗木を1本植えることが出来る、地球環境に配慮した新たなモバイル音楽商品。

ニュー・アルバムのリリースに伴い、MOTTAINAIキャンペーンの趣旨に共感したエンヤが、最新シングルの着うたフル(R)のダウンロードの収益の一部を地球環境に寄与するチャリティーに寄付をしたいと考えたもの。今回エンヤのニュー・シングル「ウィンター・レイン」(原題「Trains and winter rains」)の着うたフル(R)をワーナーミュージック・ジャパン・オフィシャルの携帯サイトWARNER MOBILE(通称wamo!http://wmg.jp/)でダウンロードすることで、MOTTAINAIキャンペーンを通じ植林活動の「グリーンベルト運動」へ苗木1本分の金額が寄付されることになる。

11月19日から発売開始となったエコうた(TM)は、1ダウンロード420円(税込)と非常に高額だが、購入者がそのままエコ活動に寄与する仕組みは、シンプルで分かりやすい。是非、賛同者は、こちらからひとつダウンロードを。

※MOTTAINAIキャンペーンとは
環境分野で初のノーベル平和賞を受賞したケニア人女性、ワンガリ・マータイさんが、2005年の来日の際に感銘を受けたのが「もったいない」という美しい日本語だった。Reduce(ゴミ削減)、Reuse(再利用)、Recycle(再資源化)という環境活動の3Rをたった一言で表せるだけでなく、かけがえのない地球資源に対するRespect(尊敬の念)が込められている言葉「もったいない」。マータイさんはこの美しい日本語を、環境を守る世界共通語「MOTTAINAI」として広めることを提唱した。こうしてスタートしたMOTTAINAIキャンペーンは、地球環境に負担をかけないライフスタイルを広め、持続可能な循環型社会の構築を目指す世界的な活動として展開されている。
◆MOTTAINAIウェブサイト
◆iTunes Store エンヤ(※iTunesが開きます)
◆エンヤ・オフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報