DJ OZMA、映画『特命係長 只野仁』主題歌で“紅白を狙っている”

ツイート
12月6日公開の映画『特命係長 只野仁 最後の劇場版』(主演:高橋克典)プレミア試写会が行なわれた。

◆『特命係長 只野仁 最後の劇場版』プレミア試写会のフォトアルバム

井上和香や原口あきまさ、はなわ、そして出演している蛯原友里の親友・押切もえなどを招待してのレッドカーペットも行なわれた今回のイベント、出演者の登壇前には同映画の主題歌を歌うDJ OZMAが、ビキニパンツ姿のダンサーを引き連れて登場。<人生もあそこも / 太く長いほうが(E! E! EE! JUMP!!)>と、アゲ♂アゲ♂に歌う新曲「MASURAO」(12月3日リリース)を初披露した。

DJ OZMAは、続いて行なわれた、ジャパンテレビの人気アナウンサー新水真由子(三浦理恵子)によるインタビューで、“只野(仁)さんを見習って、男は強く熱く生きていかなくてはいけないんじゃないかということで、すべての日本男児への応援歌として作らさせていただきました。” と、この歌に込めた想いを語った。さらに、“この年の瀬でも、紅白を狙っております! 12月リリースの曲で紅白を狙っておりますので、よろしくお願いします!” と、紅白歌合戦出演への意欲を覗かせると、会場からは大きな笑いと拍手が贈られた。

シリーズ初の映画化作品『特命係長 只野仁 最後の劇場版』では、格闘家のチェ・ホンマン演じる史上最強の敵が登場。さらに、櫻井淳子や永井大、蛯原友里、梅宮辰夫などのレギュラー陣に加えて、赤井英和、西川史子、そして “オシリーナ” 秋山莉奈などキャラクターの濃いゲストが登場し、物語により厚みを加えている。

主演の高橋曰く、“ハードボイルド社会派サスペンスヒューマンセクシーアクションラヴエンターテインメントコメディ”の『特命係長 只野仁』に、新たに “浪速人情” が加わった今回の作品。金曜深夜枠から飛び出した只野 仁が、“フン!フン!フン!” と2008年の年末を熱くするはずだ。

<『特命係長 只野仁 最後の劇場版』>
死ぬな!只野!―――これが最後の特命か?
12月6日 丸の内ピカデリー2他、全国ロードショー

◆『特命係長 只野仁 最後の劇場版』 オフィシャルサイト
◆iTunes Store DJ OZMA(※iTunesが開きます)
この記事をツイート

この記事の関連情報