ニュー・オーダー、低品質でアルバムを回収

ツイート
ファンからサウンドのクォリティが悪いとの苦情を受け、ニュー・オーダーは先にリリースしたコレクターズ・エディションを回収することした。同コレクションには、初期の5枚のアルバムのほか、B面、インストゥルメンタル、リミックスなどが収められている。

ボーナス・ディスクのサウンドが良くなかったらしい。割れていたり、バチバチという音が入っていたという。バンドは以下のような声明を発表した。「Warner Bros UK、Rhino、そしてニュー・オーダーはコレクター・エディションの初版のボーナス・ディスクにいくつか音の問題があったことを残念に思っております。現在、問題を修正中です」

『The Guardian』紙によると、ファンは300以上もの過失箇所に気づいたという。ネットで苦情の声が噴出したという。このようなノイズが入ったのは、サウンドがオリジナルのマスター・テープからではなく市販のヴィニール盤からコピーされたためではないかと推測する人もいる。

1981年の『Movement』から1989年の『Technique』までを収録した同コレクションはこの後、リイッシュー予定で、すでに購入済みの人はニュー・ヴァージョンと交換可能だという。
◆iTunes Store ニュー・オーダー(※iTunesが開きます)

Ako Suzuki, London
この記事をツイート

この記事の関連情報