城南海、鹿児島から輝く新星の誕生

twitterツイート
「天(そら)の才が宿る歌」とも「人が最後に還る声」とも語られる澄みきった美しい歌声。まっすぐに凛とした響き…時代や世代に乱されない普遍的なスケールと世界観をもって、18歳のひとりの女性アーティストがデビューする。

鹿児島県奄美大島生まれの城南海(きずきみなみ)だ。

2009年1月7日にデビューする彼女は、14歳で徳之島、15歳で鹿児島市に移り住み、兄の影響で奄美民謡「島唄」を始め、2006年鹿児島市内で島唄のストリート・パフォーマンス中にスカウトされた。

デビュー前にもかかわらず、11月27日(木)にはこれまでの過程に密着した「城南海~女性シンガーデビューへの軌跡~」(24時40分~25時35分鹿児島テレビ)というドキュメンタリー番組を放送。地元鹿児島あげてのバックアップからも、その異例ぶりが伺えるというものだ。

デビューシングルとなる「アイツムギ」は作詞・作曲を川村結花が手がけた。グインと呼ばれる島唄独特のこぶしが顔を出す彼女の歌声で、人の心のひだに染み入るような作品となっている。すでにレコード会社直営♪サウンドにて着うた(R)が先行配信されているので、是非チェックをしてみて欲しい。

なお、2009年は日本で46年ぶりとなる皆既日食が奄美で見られる年でもあり、世界中から注目を集めている中、奄美で開催される音楽フェス<ECLIPSE2009 奄美皆既日食音楽祭>(2009年7月16日~2009年7月 24日)への出演も決定している。城南海の大いなる才能と雄大な自然現象が交わる、ロマンティックで深遠な素晴らしいイベントになりそうだ。
◆ECLIPSE2009 奄美皆既日食音楽祭ウェブサイト
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報

amazon