BRIGHT、初のフルアルバムにSCOOBIE DO

ツイート
平均年齢17歳の幼なじみの女の子4人で結成されたコーラスグループBRIGHTが、初のフルアルバムを2009年1月14日にリリースする。

◆BRIGHTの最新フォトアルバム

年齢からは想像もつかない絶妙なハーモニーとダンスパフォーマンスが、“音の違いのわかる人たち” の間で話題となっている彼女たちのアルバムは、着うた(R)ランキングでデイリー7位(11/18付)にランクインした最新シングル「I'll Be There」に加えて、Kとのコラボソング「手紙 feat.K」ほかTV-CMソング4曲を完全収録。さらに新曲として、レーベルメイトであり、大先輩であるm-floの名曲「been so long」ネタの「So Long ,Too Late」や、feat.にSCOOBIE DOを迎えたモータウン的ラブソング「My Darling ~I Love You~ feat.SCOOBIE DO」。そしてデビュー曲「Brightest Star」をアンプラグドで歌い直したバージョンなどなど、BRIGHTの多彩な魅力がつまった1枚となっている。

なお、今回フィーチャーしたSCOOBIE DOについては、2008年6月、彼らのライヴを名古屋で観たBRIGHTが、その迫力とアッパーな楽曲に衝撃を受け、一緒に曲を作ることをオファー。SCOOBIE DOも4人組の女性コーラスグループからのオファーに驚きつつも快諾し、夏に楽曲が作られた。楽曲制作はSCOOBIE DOのリーダー、マツキタイジロウ。アレンジはSCOOBIE DOが担当し、作詞とコーラスアレンジをBRIGHTが行なった。ヴォーカルのコヤマシュウは参加していないが、録音には顔を出し、メンバー一同和やかに制作が行なわれたという。

BRIGHT、そしてSCOOBIE DOからのコメントは以下のとおり。

“初めてのバンドレコーディングということで何回もセッションをして楽器と曲を作り上げていく方法が楽しかったです。今回はコーラスアレンジも自分たちで行ないましたが、モータウン的な雰囲気を目指しました。レコーディングの合間に、SCOOBIE DOの皆さんにドラムやギター、ベースを教えてもらって、一瞬だけバンド気分も味あわせて頂きました(笑)。お兄さん的なSCOOBIE DOのみなさんと是非ライヴが一緒にできたらいいなと思っています。”── BRIGHT

“ヤングでロックでファンキーな曲を作ろうと思ったのですが、BRIGHTのおかげでさらにキュートでポップでラブリーな作品に仕上がりました。ライヴでは是非お客さんも歌って踊って欲しいと思います。”── マツキタイジロウ(SCOOBIE DO)

◆iTunes Store BRIGHT(※iTunesが開きます)
◆BRIGHT オフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報