Lil'B、タモさんの前でいまの気持ちを告白

ツイート
2008年9月にリリースした2ndシングル「キミに歌ったラブソング」が累計130万ダウンロード。続く3rdシングル「願いごと一つキミへ」も、11月26日のCD発売に先駆けて配信されている着うた(R)がチャート1位に初登場という、新人としては異例の快挙を連発している噂のガールズ・ユニット、Lil'Bが、11月28日に放送されたテレビ朝日系『ミュージックステーション』に出演、「キミに歌ったラブソング」を歌唱した。

女子中高生を中心に“いま一番泣ける歌”として口コミで人気が広まった、というLil'Bのヒットのきっかけが紹介され、司会のタモリから感想を求められると「同世代の女の子からファンレターをもらえるようになってうれしいです」と、緊張した面持ちながらも笑顔でいまの気持ちを告白していた。

そして、「緊張するけど一生懸命歌います」(AILA)、「心を込めて歌います」(MIE)、とそれぞれに意気込みを語り、“2008年泣きラブソングの決定版”として130万人を泣かせた名曲「キミに歌ったラブソング」を一生懸命に、丁寧に歌い上げた。

Lil'Bは“キミうた三部作”と称して、“キミ”をキーワードにした「キミに歌ったラブソング」「願いごと一つキミへ」という2つの楽曲を発表。そしてこのほど、三部作の最終章となる楽曲の詳細が明かされた。

タイトルは「キミが好きで」。“最終章を飾るにふさわしい直球ラブソング”に仕上がっているという。 なお、「キミが好きで」は12月の中旬より全国でオンエアされ、12月30日(火)には着うた(R)が先行配信される。

ちなみに、改めて“キミうた三部作”を説明すると…。

第1章「キミに歌ったラブソング」では、キミは[友達]を意味している。
第2章「願いごと一つキミへ」では、キミは[家族]を意味している。
第3章「キミが好きで」でのキミは[恋人]を意味している。

友達、家族、恋人を「キミ」という一つの言葉に置き換え、“キミ=大切な存在”というメッセージを込めたのが“キミうた”なのだとメンバーは語っている。 直接的な表現をあえてさけ、曲にちりばめられた一つ一つの言葉から“それぞれのキミ”“自分にとっての大切な存在”というものを考えて欲しいという想いが込められているという。

◆BARKS Lil'B特集/着うた(R)で快挙連発!噂のガールズ・ユニット、Lil'Bに大接近

▼PV視聴(2008年12月24日まで)
「オレンジ」PV
「キミに歌ったラブソング」PV
「願いごと一つキミへ」PV

◆Lil'Bオフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス