カイリー・ミノーグ、人気シリーズ“リミキシーズ”第3弾登場

ツイート
傑作アルバム『X』のリリースから約1年。パーロフォン移籍後のヒット・トラックのリミックス集『ブームボックス~カイリーズ・リミキシーズ 2000-2009』の発売が決定した。

DJやクラヴァーからリスペクトされ、クイーン・オン・ザ・ダンスフロアと称えられるカイリー・ミノーグ。9万枚を売上げた『カイリーズ・リミクスィーズ』(1989年)や、『カイリーズ・リミクシーズ Vol.2』(1992年)に次ぐ最新リミックス集として、ケミカル・ブラザーズ、CSS、フィッシャースプーナー、マイロ、ホワイティ、デス・メタル・ディスコ・シーンなど、世界のクラヴ・シーンを担う精鋭によるリミックスが数多く収録されている。

既に世界中のファンの間で噂となっていたこのアルバムは、日本独自リリースとして企画され、当初は日本のみでリリースされる予定だったが、内容の素晴らしさからワールドワイドの発売も決定となった。イギリスや他ヨーロッパ諸国は2009年1月5日の発売で、発信源の日本は世界に先駆けて、12月17日の先行発売となる。

なお、収録曲の中でも特に人気が高いのは「熱く胸を焦がして(ブルー・マンデー・ミックス)」。ニュー・オーダーの名曲「ブルー・マンデー」と合体させたこのリミックスは、当初ブートとして出回っていたが、あまりの評判の良さに、カイリーがBRITアウォードでパフォームするなど本家も注目する珍現象が生まれたリミックス作品だ。

日本盤ボーナス・トラックは3曲あり、中でも2007年の来日時にSMAPと共演した「熱く胸を焦がして(グレッグ・カースティン・ミックス)」は、ファンの間で話題になったヴァージョンが収録となる模様だ。

そんな注目のリミキシーズだが、なんと新曲も収録されるという。「ブームボックス(LA・ライオッツ・リミックス)」と名付けられた新曲は、イースト・ロンドンにあるクラヴ:ブームボックスをテーマにした曲で、最新ツアー<KYLIE X 2008>でも最初のパートでパフォーマンスされていたもの。トピックスも満載の『ブームボックス~カイリーズ・リミキシーズ 2000-2009』、世界中から注目されている見逃すことのできない1枚である。
◆カイリー・ミノーグ・オフィシャルサイト
◆iTunes Store カイリー・ミノーグ(※iTunesが開きます)
この記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス