BEGIN+芸人10人=新ユニット、『27時間』の名曲をリリース

twitterツイート
2008年の夏、明石家さんま司会の『FNS27時間テレビ!!みんな笑顔のひょうきん夢列島!!』放送中に生まれた「笑顔のまんま」が、“BEGIN with アホナスターズ”名義で2009年1月7日にリリースされることが決定した。

この楽曲は、同番組内「さんま・中居の今夜も眠れない」のコーナーで突然、さんまがBEGINに「曲を作って欲しい」とリクエストしたことから生まれた。歌詞には、さんまからリクエストされた言葉や、27時間の生放送で司会を務めるさんまへの想いなどを盛り込み、不眠不休で完成。そして番組エンディングに歌ったところ、大きな感動を呼び、放送直後からCD化を望む声が多く寄せられていた。

そして、今回ついにリリースされるCDは“BEGIN with アホナスターズ”名義とのことだが、アホナスターズって誰?

当初、この曲は1番しか存在しなかったが、CD発売にあたり再度さんまから「1番とは逆の趣旨の言葉を入れて欲しい」という依頼を受け、BEGINはそのリクエストに答えて2番を完成させたという。

そして、「これは僕たちだけの曲ではなくさんまさんのために作った曲だから、さんまさんとゆかりのある芸人さんたちにコーラスで参加してほしい」というBEGINの強い希望により、さんまの呼びかけで芸人9名が集まった。

作詞をした明石家さんま、レコーディングに参加した間 寛平、村上ショージ、ジミー大西、雨上がり決死隊、ガレッジセール、タカアンドトシ、合計10名が“アホナスターズ”として参加している。

現在この「笑顔のまんま」は、関西テレビ「さんまのまんま」のエンディ・テーマとしてオンエアされているほか、2009年3月19日~3月22日に開催される<沖縄国際映画祭>テーマソングに起用されることも決定している。

◆BEGIN オフィシャル・サイト
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報

amazon