ラジオアワード“LIFE MUSIC 2008”発表、大賞はキマグレン

ツイート
TOKYO FMとJFN系列全国38局のラジオ局による音楽の祭典<FM FESTIVAL RADIO AWARD IN JAPAN“LIFE MUSIC 2008”>の全6部門の授賞楽曲(アーティスト)と、大賞にあたる【LIFE MUSIC OF THE YEAR】が、12月3日放送の特別番組『FM FESTIVAL RADIO AWARD IN JAPAN“LIFE MUSIC 2008”FINAL SPECIAL』にて発表された。

2007年にスタートしたこのアワードは、リスナーの日々の“生活”を彩った音楽、“人生”を変えてしまうほど強かった音楽、何度聴いても心昂ぶる“命”の宿った音楽…ラジオから流れるそんなLIFEの宿った音楽を称え、本当の意味で“生きた音楽=LIFE MUSIC”だった音楽を、ラジオリスナーの投票によって決定するというもの。

2008年度は、2007年12月1日~2008年11月30日までにリリースされた楽曲を対象に、JFN38局のラジオ局員が各部門5曲ずつノミネートして選出を行ない、WEB上で実施したラジオリスナーからの投票によって授賞楽曲を決定した。

今回は各部門のノミネートに対し、約5万票に及ぶ応募が殺到。最多投票を獲得したアーティスト、楽曲に贈られる【LIFE MUSIC OF THE YEAR】(昨年度はBUMP OF CHICKEN「花の名」が受賞)には、キマグレンの「LIFE」が選ばれた。

2008年、全国数多くのFM局でパワープレイ楽曲に選ばれ、ラジオでのオンエアから人気を拡大したキマグレンの受賞は、FM局ならではの特色が色濃く現れた授賞結果となった。

以下、各部門の受賞アーティストによるコメント。

◆絢香【BEST VOICE OF LIFE受賞】
「めちゃくちゃ嬉しいです。今年ラジオ局の皆さんが私の歌を届けてくれたことに感謝、リスナーの皆さんがそれを受け取ってくれたことに感謝です。自分も声でアーティストを好きになることが多いので、特に声の部門での受賞は嬉しいです。私の声は母親譲りで、すごくよく似ているので、この声を授けてくれた母親にも感謝です」

◆BUMP OF CHICKEN「orbital period」【BEST ALBUM OF LIFE受賞】
「全国のラジオリスナーが選んでくれたということで、本当にありがとうございます。受賞の知らせを聞いて、このアルバムを制作してきた時のことを思い出しました。自分たちだけで作りこんできたものが、こうしてたくさんの人に広がって聴いて頂けたんだなと、改めて嬉しく思いました」

◆Perfume【BEST IMPACT OF LIFE受賞)
「そんなに私たち、インパクトあったんですねー!」(あーちゃん)
「ラジオリスナーっていう、耳の肥えた人たちに選ばれたことが、特に嬉しいです」(のっち)

◆キマグレン【BEST NEW ARTIST OF LIFE受賞/LIFE MUSIC OF THE YEAR 受賞】
※昨年度、INDIES OF LIFEにノミネート、今年、NEW ARTISTとして受賞。
・BEST NEW ARTIST OF LIFE受賞へのコメント
「『音魂』(逗子の海の家)でのライヴ活動をずっとやってきた中、やっと新人賞として受賞することができて、すごく嬉しいです」
・LIFE MUSIC OF THE YEAR受賞へのコメント
「すごくびっくりしています。ありがとうございまーす!! ホント光栄です。ほんとに、こんな僕らが受賞できるなんて…という感じで、ありがとう以外の言葉がみつかりません」(イセキ)
「“LIFE”というのはずっと自分たちで疑問を投げかけながら、追求してきたこと。受賞できたことで、改めて、来年は、もっともっといい曲をお届けできるよう頑張りたいと思いました」(クレイ)

◆ <FM FESTIVAL RADIO AWARD IN JAPAN“LIFE MUSIC 2008”>特設ウェブサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報