桑田佳祐、“ひとり紅白歌合戦”で全61曲を熱唱!勝敗は…

ツイート
桑田佳祐が2日、パシフィコ横浜国立大ホールにて<Act Against AIDS 2008>(通称AAA)『昭和八十三年度! ひとり紅白歌合戦』と題したコンサートの最終公演を行なった。

エイズへの関心と正しい知識をもってもらうことを目的に1993年よりスタートしたAAAは、2008年で16年目を迎える。1993年のスタート時から様々な趣向でAAAの活動に取り組んできた桑田は、今回“ひとり”での「紅白歌合戦」をテーマに、豪華な生演奏と観客の手拍子をバックに、昭和から平成に至るまでの名曲を次々とカヴァーした。

◆ 写真で見るAAA『昭和八十三年度! ひとり紅白歌合戦』

紅白の名司会者だったNHKの故・宮田輝(てる)アナウンサーならぬ“宮田出留(でる)”に扮して登場した桑田は、「ひとりひとりの歌手のみなさんに、愛情とリスペクトの念を込めて歌わせてもらいます」と宣誓。「今日はもしかすると私だけが楽しいことになりそうですけど、ジャンル別対決にしたいと思います。最初はグループサウンズ vs 恋と涙と太陽と対決!」と、“GS vs 恋と涙と太陽と”、“フォークソング vs ニューミュージック”、“ハナ肇とクレージーキャッツ vs ザ・ピーナッツ”など、いくつかのコーナーに分けてライヴを展開した。

桑田が前川清に扮して歌った「長崎は今日も雨だった」では、ステージの大ビジョンにクール・ファイブのメンバー5人に扮した桑田の映像が映し出され、「ワワワワー」とコーラスをするたびに会場の笑いを誘った。また、ハナ肇とクレージーキャッツの「スーダラ節」では、股引きに腹巻き姿というかつての植木等と同じ格好でおどける桑田が大ビジョンに登場。植木等の代表的なギャグ「お呼びでない」も飛び出し、笑い満載の賑やかなステージとなった。

ヒロシ&キーボーの「3年目の浮気」では、サザンオールスターズの松田弘と原由子が“ヒロシ&ハラ坊”として登場し、デュエットを披露。特別審査員として映像で登場した爆笑問題が、時事ネタを絡めたコメントで盛り上げる一幕もあった。「空に太陽がある限り」(にしきのあきら)や「情熱の嵐」(西城秀樹)では、客席とのコール&レスポンスも起こり、観客と息ピッタリで盛り上がった。

そして、紅白の見せ場の1つといえば、ド派手な衣装。アンコールでは紅組トリのジュディ・オング「魅せられて」で、白い扇形のドレスを着た桑田が7メートルまで上昇。横10メートルほどのすそを広げて舞う姿に、観客はまさに“魅せられた”。

約3時間15分、全61曲におよぶライヴで、名曲の素晴らしさとエイズへの関心の重要さを再認識させた桑田佳祐。大トリの“和田アキ男”「あの鐘を鳴らすのはあなた」を高らかに歌い上げると、「来年もいろいろ考えてるからね。また、よろしくね。みんないい年迎えてくれよー。よいお年を!」と叫び、紅白どちらが勝ちかの決着はつけぬまま、3日間で約13,000人を動員したAAAライヴを締めくくった。コンサートの収益金は、全額啓発パンフレット制作費用に充てられる。

Act Against AIDS 2008
<『昭和八十三年度! ひとり紅白歌合戦』 2008/12/2 パシフィコ横浜>
M01:サントワ・マミー / 越路吹雪
M02:青い山脈 / 藤山一郎
M03:コーヒー・ルンバ / 西田佐和子
M04:上を向いて歩こう / 坂本九

M05:君だけに愛を / ザ・タイガース
M06:恋の季節 / ピンキーとキラーズ
M07:君にあいたい / ザ・ジャガーズ
M08:恋のハレルヤ / 黛ジュン
M09:ブルー・シャトー / ジャッキー吉川とブルー・コメッツ
M10:太陽は泣いている / いしだあゆみ
M11:風が泣いている / ザ・スパイダース
M12:夕日が泣いている / ザ・スパイダース
M13:真っ赤な太陽 / 美空ひばり

M14:学生街の喫茶店 / GARO
M15:五番街のマリー / ペドロ&カプリシャス
M16:心の旅 / チューリップ
M17:あの日に帰りたい / 荒井由実
M18:さよならをするために / ビリー・バンバン
M19:シルエット・ロマンス / 大橋純子
M20:ルビーの指輪 / 寺尾聡
M21:時代 / 中島みゆき

M22:いいじゃないの幸せならば / 佐良直美
M23:さらば恋人 / 堺正明
M24:経験 / 辺見マリ
M25:空に太陽がある限り / にしきのあきら
M26:終着駅 / 奥村チヨ
M27:長崎は今日も雨だった / 内山田洋とクールファイブ
M28:他人の関係 / 金井克子
M29:君といつまでも / 加山雄三

M30:黙って俺について来い / ハナ肇とクレイジー・キャッツ
M31:スーダラ節 / ハナ肇とクレイジー・キャッツ
M32:ハイ それまでヨ / ハナ肇とクレイジー・キャッツ
M33:ふりむかないで / ザ・ピーナッツ
M34:可愛い花 / ザ・ピーナッツ
M35:情熱の花 / ザ・ピーナッツ
M36:恋のフーガ / ザ・ピーナッツ
M37:恋のバカンス / ザ・ピーナッツ
M38:LOVE LOVE LOVE / DREAMS COME TRUE
M39:ロビンソン / スピッツ

M40:襟裳岬 / 森進一
M41:舟歌 / 八代亜紀
M42:SWEET MEMORIES / 松田聖子
M43:三年目の浮気 / ヒロシ&キーボー
M44:いい日旅立ち / 山口百恵
M45:現代東京奇譚 / 桑田佳祐

M46:少女A / 中森明菜
M48:愚か者 / 近藤真彦
M49:狙い撃ち / 山本リンダ
M50:情熱の嵐 / 西城秀樹
M51:渚のシンドバッド / ピンクレディー
M52:勝手にしやがれ / 沢田研二
M53:キューティーハニー / 倖田來未
M54:GOLDFINGER'99 / 郷ひろみ

EN01:時の流れに身をまかせ / テレサ・テン
EN02:涙そうそう / BEGIN
EN03:もらい泣き / 一青窈
EN04:タイガー&ドラゴン / CRAZY KEN BAND
EN05:ラブ・イズ・オーヴァー / 欧陽菲菲
EN06:また逢う日まで / 尾崎紀世彦
EN07:魅せられて / ジュディ・オング
EN08:あの鐘を鳴らすのはあなた / 和田アキ子
この記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス