らっぷびと、まさかのメジャーデビュー

ツイート
らっぷびとが、12月4日JCBホールで開催されたニコニコ動画主催のイベント<ニコニコ大会議2008冬 ~ザ・デイ・ビフォー・明後日~>のステージ上で、自らメジャーデビューを発表した。騒然となったのは会場だけでなかった。インターネット生放送を実施していたニコニコ動画を経由してのネット上にも激震が走った。

インターネットを介してトラックメイカーが曲を提供し、ラッパーが自身のラップを乗せるネットラップシーンにおいてさきがけとなったらっぷびとは、2008年8月6日に「RAP BEAT」(EXIT TUNES)でネットラッパー初のCDデビューを果たし、同アルバムはオリコンインディーズチャートで3位を記録、2008年7月の有線問い合わせチャートでは同アルバム収録曲「When They Cry」が1位を記録するなど、ウェブを駆け抜けた口コミ・パワーをもって、これまでにないひとつのムーブメントの火蓋を切った。

◆らっぷびと「WHEN THEY CRY」PV

ここにきてIKZOのシングル「IKZO CHANNEL 441.93」(2008年11月19日発売)への参加や、「FUNKY POP」(2008年12月10日ヴィレッジバンガード下北沢店限定先行発売)、大槻ケンジと絶望少女達のアルバム『かくれんぼか、鬼ごっこよ』(2008年12月10日発売)への参加など、その活動の幅は急激に拡大、更なる知名度が高まってきたところでの、メジャーデビューである。

らっぷびとのメジャーデビューシングルのタイトルは「All Day,All Night」。2009年1月7日より着うた(R)の先行配信がスタート、CDリリースは2009年2月4日に1コイン500円で期間限定出荷(3月10日まで)となるが、CD-EXTRA仕様となっており、このシングルをキー(鍵)にネットラップ入門ホームページ(期間限定公開)へのアクセスが可能になるという施策が盛り込まれている。特典の特設サイトでは、ネットラップの必需品となるトラックの入手も可能という。

2009年3月11日にはメジャーファーストアルバムのリリースも控えるらっぷびと。ネットラップ界からの刺客がメジャーシーンに殴り込みをかける、そのカウントダウンが始まった。らっぷびとのメジャーシーン参上という事実は、ネット上に存在する数多くのアーティストに、大いなる刺激を与えることだろう。
この記事をツイート

この記事の関連情報