ケミストリー、<サントリー1万人の第九>は「感動しっぱなし!」

ツイート
12月7日(日)、大阪城ホール(大阪市中央区)で開催された師走恒例のイベント<サントリー1万人の第九>が、合唱団・観客含め総勢14,200人が参加し、無事終了した。

◆<サントリー1万人の第九>~写真編~

ゲストで登場したケミストリーは、1万人との共演はもちろん、「第九」を歌うのも今回が初めてとのこと。ステージを終えたメンバーは「感動のしっぱなしだった」と感想を語っている。

また、このステージでは「第九」の他に、最新シングル「恋する雪 愛する空」もパフォーマンスしたほか、「約束の場所」と唱歌「冬の星座」で再び1万人の合唱団と共演を果たした。今回で10回目の総監督・指揮を務めた佐渡裕は「『歌のある星へ』というテーマをはっきりと打ち出せた」と話している。

なお、12月23日(火・祝)午後4:00~4:54には、<サントリー1万人の第九>コンサートの模様と、そこに至るまでのケミストリーや淀工吹奏楽部の取り組みなどを盛り込んだ番組『1万人の第九 with CHEMISTRY』が、 MBS発JNN系列5局ネット(MBS、TBS、HBC、CBC、RKB)にて放送予定。感動のステージを、是非テレビでもチェックして欲しい。

■佐渡裕コメント
全力で終えられたことを嬉しく思います。『歌のある星へ』というテーマをもって、(地球には歌という)なんて素敵なものがあるのかということを再確認した。テーマをはっきりと打ち出せた回になった。それはケミストリーが来てくれたおかげでもある。さらにウィーンの先生方(演奏者5名)にも来ていただいて、第九はもともとウィーンの方々の曲だけれども、今回たくさんの人が頑張って歌い、それを喜んでいるのをウィーンの方々に見せられて良かった。

★「約束の場所」とケミストリーについて
「約束の場所」を(指揮)しながら涙が止まらなかった。淀工(大阪府立淀川工科高校)のみんなとケミストリーの二人が演奏してくれたことで、みんなの手拍子などから感動というものが身近にあると思った。我々に応援歌として届いていた。人の優しさとか強さとかを感じた。

■ケミストリー コメント
川畑要:
1万人の歌声に圧倒された。鳥肌モノだった。本番はリハーサルよりもすごくパワーがあって、感動のしっぱなしだった。
堂珍嘉邦:
高校生のブラスバンドのみんなとのコラボレーションと、1万人の合唱団とのコラボレーションの2つが刺激になった。勉強になった。佐渡さんの後姿がカッコよかった! 1万人の歌声を聞いてみて、みなさん大きな声を出しているが、耳に心地よい集合体の声を聞くのは初めてだった。音楽として最高の形じゃないかと思いました。

◆ケミストリー・オフィシャル・サイト
この記事をツイート

この記事の関連情報