ドコモ、ワンダ、“あのCMの声の主”は…?

ツイート
ここ最近、テレビCMでよく耳にする“気になる声”がありませんか? NTTドコモ“PRIMEシリーズ”のテレビCMで、The Beatlesの「ALL YOU NEED IS LOVE(愛こそはすべて)」をカヴァーしている“謎の声”。とか、アサヒ飲料の缶コーヒー“WONDA”CMで高田純次と国分太一の軽快なやりとりの間に挿入される「ワンダーッ」という軽快な掛け声。

それぞれのCMの画面上ではクレジット表記されていないだけに「あのソウルフルな声は誰?」「あの、力強くも切ない歌声は誰なのか?」という問い合わせも関係各所に相次いでいるらしい。

そんなリスナーの声が高まるなか、その声の主が明かされた。して、その声の主とは…THE イナズマ戦隊のヴォーカリスト、上中丈弥だった。

上中丈弥といえば、関ジャニ∞の最新シングル「無責任ヒーロー」をはじめ、「ズッコケ男道」「イッツ マイ ソウル」など、関ジャニ∞の作詞を担当している男でもある。

そんな上中丈弥率いるTHE イナズマ戦隊が、2009年2月4日(水)に『俺達の応援歌』と題したコンセプト・アルバムを発売する。

デビュー以来6年間“心のビタミン剤”ともいえる作品をリリースし続けてきた彼らが、その作品群の中から真骨頂である“応援ソング”ばかりを選び出し、更に新曲を1曲を加えての全12を収録した“企画ベスト盤”は、新旧のファンが楽しめる作品となっている。2009年の初春、聴く者に最高のガッツを与えてくれる作品になるかもしれない。

◆THEイナズマ戦隊オフィシャル・サイト
この記事をツイート

この記事の関連情報