スライ&ロビーのグラミー賞ノミネートで、「そばにいるね」の世界的ヒットなるか

ツイート
ジャマイカ発のレゲエのリズムセクション&プロデュースチーム、スライ&ロビー(Sly and Robbie)のアルバム『Amazing』が、第51回グラミー賞のベスト・レゲエ・アルバムにノミネートされた。

スライ&ロビーは、アルバム『フレンズ』で第41回グラミー賞ベスト・レゲエ・アルバム賞を受賞。2006年、2007年に発売したアルバムも第49回、第50回グラミー賞にてベスト・レゲエ・アルバムにノミネートされるなど、グラミー賞の常連となっている。

今回ノミネートされたアルバム『Amazing』には、「日本で最も売れた着うたフル楽曲」としてギネスブックに登録された青山テルマのヒット曲「そばにいるね」のカヴァーも収録されている。同アルバムを制作するにあたり、日本の作品を数多く聴いたスライ&ロビーは、青山テルマの「そばにいるね」に注目。原曲を気に入った彼らはプロデュースを日本側に打診し、原曲の作詞作曲を手掛けたSoulJa(ソルジャ)が、英語詞を新たに書き下ろした。

結果、「そばにいるね」は「HURRY HOME」というタイトルで収録され、SoulJaはスライ&ロビーのカヴァーでもラップで参加。この曲についてスライ&ロビーの2人は、「日本側で作られたインターナショナルなイントロから、ジャマイカ(レゲエ)に変わる、絶妙な展開ですね」(ロビー)、「世界的な大ヒットを期待してます」(スライ)と話している。

そして今回、この「HURRY HOME」がリード曲として収録されたアルバム『Amazing』がグラミー賞にノミネートされたことで、「そばにいるね」の世界的ヒットの可能性もでてきた。現在イギリス、韓国、中国、台湾、香港サイドからカヴァー申請が殺到。台湾ではすでにスーパー・グループ“Da Mouth”が発表しているほか、イギリスでは新人アーティストによるレコーディングが進んでいるという。ちなみに韓国では、人気R&BシンガーMARIOが「ここにいるよ」をカヴァーして発表し、話題を呼んだ。

「そばにいるね」は、オリコンの2008年上半期シングルランキングで1位を獲得、トータルダウンロードも900万を突破している。授賞式は2009年2月8日(日本時間2009年2月9日)に、ロサンゼルスのステープルズ・センターで開催される。
この記事をツイート

この記事の関連情報