NME、2008年のベスト・アルバムを発表

ツイート
NMEのライターが選んだ2008年のベスト・アルバム50枚が発表された。今年、ダントツの票を集めNo.1に輝いたのはMGMTのデビュー・アルバム『Oracular Spectacular』だった。

ライターの1人は「MGMTは1月“みんなの頭をグチャグチャにしたい"と話していたが、そのミッションは達成された」と表している。同アルバムは、UKアルバム・チャート12位、ビルボード・チャート60位と決してセールス的に成功したとはいい難いが、メディアでは高い評価を受けており、この時期続々と発表される<2008年のベスト・アルバム・リスト>の常連になるのは間違いない。

NMEのリストでは、MGMTをはじめ、トップ10のうち7枚がデビュー・アルバムとなった。

NMEが発表した<2008年のベスト・アルバム・トップ10>は以下の通り。

1.MGMT『Oracular Spectacular』
2.ティービー・オン・ザ・レディオ『Dear Science』
3.グラスヴェガス『Glasvegas』
4.ヴァンパイア・ウィークエンド『Vampire Weekend』
5.フォールズ『Antidotes』
6.メトロノミー『Nights Out』
7.サントゴールド『Santogold』
8.ミステリー・ジェッツ『Twenty One』
9.キングス・オブ・レオン『Only By The Night』
10.フレンドリー・ファイアーズ『Friendly Fires』

この後、ネオン・ネオン、クリスタル・キャッスルズ、Fleet Foxes、ローラ・マーリング、ラスト・シャドウ・パペッツらが続き、ベテラン勢としてはエルボー(17位)、スピリチュアライズド(20位)、オアシス(22位)、ポーティスヘッド(25位)、ヴァーヴ(26位)などの作品が登場している。全リストはNME最新号で。

Ako Suzuki, London
この記事をツイート

この記事の関連情報