ORANGE RANGE、ファンとプライベート写真を撮影?

ツイート
12月10日と11日の両日、ORANGE RANGEが日本武道館で<ORANGE RANGE LIVE TOUR 008 ~PANIC FANCY~>の追加公演を行なった。2日間で約15000人の動員となった本公演では、開演前に、なんと “ORANGE RANGEとファンとのプライベート写真” が撮れるという斬新なイベントが開催され、ORANGE RANGEと写真を撮りたいファンが、会場外のブースに長い列を作った。

実はこれ、アップルのiMacを使ったファンサービス。プリクラのような写真がカンタンに撮れる「Photo Booth (フォトブース)」というソフトがiMacには付属しているのだが、今回、このソフトの背景画像としてORANGE RANGEのライヴ風景と、メンバーのプライベート写真を用意。ファンは、これら用意された写真の中から1枚を選んで、iMacの前でポーズをとり撮影。写真はその場でプリントしてもらえるというものだったのだ。

メンバーと直接写真を撮れるわけではないが、とはいえ、このサービスを使って自分だけのプライベート写真を撮ったファンからは、 “ORANGE RANGEと写真を撮っているみたいですごく嬉しい” “今日のコンサートの記念として、大事にします” という声が。さらに、撮影に使われたiMacにも興味津々という女性も多く、“アップルのコンピューターがかわいい” “iPodを持っているので、マックも買ってもらいたい” といった声も聞かれた。

これに対し、今回のイベントをプロデュースした、ORANGE RANGEが所属するスパイスレコーズの工藤浩明社長は、“日頃、ORANGE RANGEのメンバーからファンに恩返しすることを考えたいという要望があり、今回の企画となった。せっかくファンイベントに置くのだから、やはりオシャレなMacの方がいいだろうということで設置したが、これほど好評だとこちらも嬉しい” と述べ、iPod人気が高い10代~20代に向けて狙い通りの企画であったことを喜んでいた。

ORANGE RANGEは、12月16日と17日には大阪でライヴがあり、そこでもこのファンサービスが予定されている。大阪の追加公演に参戦するファンは、ライヴの記念にメンバーと一緒に写真を撮ってみては?

◆ORANGE RANGE オフィシャルサイト
◆アップル
この記事をツイート

この記事の関連情報