ブルーマン、HISASHI(GLAY)とロック・コラボ

twitterツイート
ニューヨークタイムズ紙で「THE SHOW ROCKS!(ロックするショー!)」と評された、ブルーマンのロック音楽の魅力をより多くの人に伝えようと企画された“ロックの日”。

2008年6月9日、ROLLYを迎えギターの独奏が大反響を呼んだ第1弾に続き、1周年特別企画として、待望の第2弾が、2008年12月12日(金)に行われた。先日お伝えしたとおり、GLAYのギタリストHISASHIがスペシャルゲストとして登場、熱狂で迎えられた様子をお届けしよう。

◆ブルーマン+HISASHI(GLAY)ライヴ映像(2008年12月12日ロックの日)

実は、ブルーマングループのショーにゲストが登場し、ステージで演奏するのは世界初のことだ。ショーの中盤、会場中を巻き込んでロックの振り付けをするという「TIME TO START」、この最高にROCKなシーンで突然客席に現れたHISASHIに、会場は大歓声。その様子は動画に映っている通りだ。

オリジナルのアレンジを加えた劇中曲をギターで演奏しながら、客席から舞台に上がったHISASHIは、ブルーマンの演奏するPVCとギターサウンドのコラボレーションでオーディエンスを沸かせた。PVCとは、配水管を並べて作ったブルーマンのオリジナル打楽器のこと。

パフォーマンス後のHISASHIは「今回のパフォーマンスは最高に楽しく、本当にあっという間に感じられた。もっと長い時間コラボレーションをしたかった。」とコメントを残している。今回はブルーマンがショーの中でGLAYの名曲「HOWEVER」を演奏するシーンもあり、このロックの日だけのスペシャル・パフォーマンスに、オーディエンスは至福のときを大いに楽しんだ。

ブルーマンの生音にこだわるロックスピリットが、この「ロックの日」に参加するきっかけとなりました。BLUEとGLAYまさに異色のコラボレーション。この摩擦から生じるエネルギーが次なるエンターテイメントに繋がると願っています。── HISASHI (GLAY)

<BLUE MAN GROUP IN TOKYO>
@インボイス劇場 (東京都港区六本木5-11-12)
絶賛上演中~09年3月29日(日)
公演日時:blueman.jpでご確認ください。
チケット販売:ぴあ・ローソン・イープラス
※当日券のある場合は、開演の1時間前より劇場のチケットボックスにて発売。
S席7,500円/ポンチョシート8,500円(税込)(小学生未満入場不可)
上演時間:100分
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報