年末年始特集 BARKSゆく年くる年2008-2009~8月編~

twitterツイート

矢沢永吉の愛娘yokoが“the generous(ジェネラス)”というユニットでエイベックスよりデビューすることが決定し、大いに興味を引いた8月。

夏フェス、サザンオールスターズの30周年記念ライヴ、VAMPSのZEPP 46daysツアー開幕など、大きな話題が駆け巡る中、BARKSで猛威を振るったのはこのバンド、デトロイト・メタル・シティ(DMC)。デスメタル・ギャグ漫画『デトロイト・メタル・シティ』がこの夏映画化され、漫画に登場するバンドの作品がブチブチ込めーとばかりにリリース。BARKSの動画ランキング10位以内は、ほぼDMC一色となりました。ちなみに、VAMPSもこのZEPPツアー中にDMCをカヴァーして演奏したとか。クラウザーさん化したhydeさんが、「ケツの穴カッポじって聴きやがれ!! メス豚めがっ」と言ったかどうかは不明です。

そして、カヴァーといえば<SUMMER SONIC 08>で大トリを飾ったコールドプレイが、来日中に収録を行なったフジテレビ系『SMAP×SMAP』に出演した際に覚えたというSMAPの「世界に一つだけの花」のカヴァーを披露。それだけでもかなり驚きでしたが、アリシア・キーズとの共演まであり、嬉しいサプライズで観客を沸かせました。

また、約2年ぶりに開催した全国ツアーでセクシー早着替えを披露したSoweluが写真ランキングで1位になったのを受けて、4月にリリースされたアルバム『Naked』の限界まで脱いだジャケット写真の記事も急上昇。Sowelu、谷村奈南とセクシー繋がり(?)で、イガグリ千葉(仙台貨物)のセクシー写真が3位にランクインしてますが、まさかみなさん、“セクシー”という単語だけで写真を見ている、なんてことはないですよね? ねっ?

8月は北京オリンピックの開催に伴い、様々なアーティストの楽曲が各局の放送テーマソングとしてオンエアされていましたが、BARKSではNHK北京オリンピック放送テーマソングとなったMr.Childrenの「GIFT」を徹底解剖。最近の曲作りのやり方から、この曲は誰に向けて作られた曲なのかなど、楽曲の核心に迫るインタビュー特集は興味深いものとなりました。

twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報