年末年始特集 BARKSゆく年くる年2008-2009~9月編~

ツイート

結婚、破局、解散、再結成などなど、スポーツ新聞やテレビでの第一報で話題となったニュースは、即刻ウェブに反応が現れます。BARKSもその例に漏れず、世の中を賑わすネタは、BARKSの中も検索の波がやってきます。この9月のニュース・ランキングの1位は、2006年3月にアップした、元EXILEのSHUNこと清木場俊介脱退のニュースにアクセスが殺到。

で、なぜこの時期に?と問われたならば、清木場俊介が所属事務所およびレーベルから独立するというニュースと、さらにEXILEの波乱万丈を赤裸々に紹介したTBS系『中居正広の金曜日のスマたちへ 波瀾万丈スペシャル』の影響が大きかった模様。実際、BARKSはレーベルから送られてくるほぼ全ての情報をアーティストごとにアーカイブしているため、波瀾万丈な情報も、過去記事の中にたくさん眠っていたりするんです。

また、ジョージ・マイケルがロンドンの公園内にある公衆トイレで薬物所持により逮捕。それに関連した2006年2月のニュースにも注目が集まるということも、海外セレブの情報も現地からお届けしているBARKSならではのランキングでしょう。

動画ランキングと特集ランキングでは、この9月にシングルをリリースしたMr.Childrenとナイトメアが1~2位という結果に。まず1位のミスチル「HANABI」インタヴューでは、“さり気ない曲に聞こえるほど、影でたくさんの努力が払われていることが多い”という定説通り、楽曲を完成させるまでの様々なプロセスが語られました。

続く2位のナイトメアのインタヴュー動画は、YOMI(Vo)の暴走する下ネタと衝撃の新語「やっぱわ」、RUKA(Dr)の「しょこたんみたいだろ?」などなど、毎度期待を裏切らないキャラ立ちまくりの爆笑トーク。某動画サイトにも即日投稿され、続々とコメントが書き込まれていく反響の大きさに、アーティストの人気がネット中を駆け巡る様子が見て取れます。

そして動画の4位にランクインした並木瑠璃。“天才ギター少女”としてTBS系『さんまのスーパーからくりTV』で人気を博す彼女の、テレビで見せる大人顔負けの発言をガンガンする“生意気キャラ”ではない、ふつうのカワイイ小学五年生の女の子の表情に注目が集まりました。

写真ランキングでは、アニメソング・アーティストたちがレーベルの垣根を越えて集結する恒例イベント<アニサマ 2008>の、全39枚という大ヴォリュームのライヴ写真に人気集中。そして前月の8月に続き谷村奈南がトップ3入り。“たわわにぷるるん”強し。

この記事をツイート

この記事の関連情報