100s、久々の新作は松山ケンイチ出演映画のEDテーマ

ツイート
中村一義率いるロックバンド100s(ひゃくしき)が、約2年ぶりに新プロジェクトをスタート。2009年3月4日にニューシングル「そりゃそうだ」をリリースする。

2007年5月にリリースされた100sの2ndアルバム『ALL!!!!!!』から早2年、沈黙を続けてきた100sが遂に動き出す。新曲「そりゃそうだ」の楽曲を含めた今回の新プロジェクトのテーマは“原風景”。毎日のように様々な出来事や事件が起き、「時代」と「自分」との“距離”の取り方がすごく難しい今の時代だからこそ、元来みんな一人ひとりが持っている“原風景”と、「今」の自分自身の存在意義をテーマとして強く意識した作品群になるという。

ニューシングル「そりゃそうだ」は中村一義(Vo)にとっては1997年にソロ名義でリリースし、日本のロックシーンに衝撃を与えた1stアルバム『金字塔』の楽曲を彷彿させるような、“原点回帰”を感じさせながらも、力強くポップに“今”を伝える新しいサウンドとなった。

また、新曲「そりゃそうだ」は、全篇が津軽弁で撮影され演技派人気俳優の松山ケンイチが主演で話題の映画『ウルトラミラクルラブストーリー』(松山ケンイチ、麻生久美子出演 / 2009年6月6日より全国順次ロードショー公開)のエンディングテーマ曲として使用されることも決定している。監督の横浜聡子は、前作の自主映画『ジャーマン+雨』で「2007年度日本映画監督協会新人賞」を受賞した新鋭監督。自ら大ファンであると公言する100sに、初メジャーデビュー作品のエンディングに相応しい楽曲の提供を依頼しメンバーが快諾。100sとしても初の映画主題歌が今回実現した。

12月28日に<COUNTDOWN JAPAN 08/09>(東京/幕張メッセ)、及び12月30日に<COUNTDOWN JAPAN 08/09 WEST>に出演し、久々のライブ演奏を披露する100s。彼らは今後、かなり積極的に音楽活動を行なう模様で、2009年は100sファンのみならず、音楽ファンにとってもかなり喜ばしい年になりそうだ。

◆100s シングル「そりゃそうだ」収録曲情報
◆iTunes Store 100s(※iTunesが開きます)
◆100s オフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報