恒例の<ローランド サウンド・スパーク2009>、発表

twitterツイート
毎年盛況の<ローランド サウンド・スパーク2009>の開催が発表となった。

毎年1月にアメリカで開催される世界最大級の楽器ディーラー・ショウ<NAMM Show>にて発表されるローランド新製品、それらの実機をいち早く触れることのできる、ミュージシャン/プレイヤー垂涎の大イベントだ。

それら新製品を駆使した実力派アーティストによるスペシャル・ライヴはもちろんのこと、活用セミナーや最新プロダクツの試奏も楽しめる盛りだくさんのイベントとなっている。会場は大阪なんばHatchと東京Shibuya O-east、もちろん入場無料となっている。

刺激的な最新サウンドが発せられる最新現場を、生で体験できる年に一度限りのチャンス。見のがし厳禁です。

<タイトル:ローランド サウンド・スパーク2009>
大阪会場 2009年2月4日(水) なんばHatch   入場無料
東京会場 2009年2月7日(土) Shibuya O-East 入場無料
※ともに会場スペースの都合により、入場を制限させていただく場合があります。

◆ライブパフォーマンス<バカウマロックふたたび・・・>
●大阪会場、●東京会場
1988年、ロックバンド“筋肉少女帯”のメジャー2ndアルバム『SISTER STRAWBERRY』で出会った超絶技巧プレーヤー、横関 敦(G)と三柴 理(Key)。1989年には横関 敦のソロアルバム『DINOSAUR』のために、華麗なキャリアとテクニックで知られる、そうる透(Dr)と関 雅夫(B)が加わり話題となった“バカウマロック”のメンバーでレコーディング&ライブツアーが行なわれた…。今回の<サウンド・スパーク2009>では、横関 敦が過去にリリースした7枚のソロアルバムから厳選した、初のベストアルバム『JET BEST』リリースを目前に、20年の歳月を経て再び“バカウマロック”メンバーがステージに集結。ローランド/ボスの最新機材を使いこなし、キーボードとギターの競演が見ものの横関作品のほか、“筋肉少女帯”の「夜歩く」「サンフランシスコ」など、このメンバーならではの超絶技巧で披露する。

◆ライブパフォーマンス<より子スペシャル・ライブ>
●東京会場
2005年に東芝EMIよりメジャー・デビューの女性シンガー・ソングライター。抜群のセンスでピアノと対話しながら独創的な音の世界を創り続ける天才肌。今回のステージでは、ローランドの最新機材をセットし、いつもとは異なるテイストのライブを披露。聴く人の心を奪うより子の歌声と、最新シンセサイザーによる夢の組み合わせが実現する。

◆ライブパフォーマンス<小林香織(Sax)×村田隆行(Bass)ループ・ステーション・スペシャル・デュオ>
●東京会場
2005年ビクター・エンターテインメントより「Solar」でデビュー。4thアルバム「Shiny」も好調なジャズ・サックス・プレイヤー"小林香織"と、自身のリーダー・セッションやBOSS/Roland製品デモンストレーションでも活躍中のグルーヴ感あふれるベーシスト"村田隆行"によるスペシャル・デュオ。2台の「ループ・ステーションRC-50」をシンクさせ、リアルタイムで重ねたフレーズにより、アンサンブルを生みだしていく、レア・セッションです。マルチ・エフェクターを使用したサックス・サウンドやV-BASSを使用したベース・サウンドも必聴。

◆ライブパフォーマンス<2009 New Products Special Performance>
●大阪会場、●東京会場
ローランド/ボスの新製品が満載のスペシャル・パフォーマンス。
西脇辰弥(Key)、中野豊(Guitar)、山崎彰(V-Drums)、池田達也(Bass)、卓越したスペシャリスト達が、強力な新製品を駆使したパフォーマンスを展開。白熱のパフォーマンスと注目の新製品を見逃すな。

◆ライブパフォーマンス<ロバート・マルセロ ハイパー・ギター・パフォーマンス>
●大阪会場、●東京会場、
超絶のギター・テクニックを持つロバート・マルセロ(Danger Danger)が、BOSSマルチ・エフェクツの最新モデルによるパフォーマンスを披露。ニュー・ギター・ヒーローのプレイと最新エフェクツのサウンドが同時に体感できる、まさに必見のステージ。
◆<タイトル:ローランド サウンド・スパーク2009>公式サイト
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報