人はわたしを畏怖と憐憫と侮蔑と嘲笑をこめて「屍姫」と呼ぶ

ツイート
強い未練によって動く死体“屍(しかばね)”の群れによって家族もろとも惨殺され、15歳という若さで亡くなった少女、星村眞姫那(マキナ)。家族の復讐、そして天国に行くため、屍を狩るために生み出された“屍姫”となり、大元帥系真言密教「光言宗」の僧侶と契約を結び、屍を殺し続ける。

月刊『少年ガンガン』に連載中の赤人義一による漫画『屍姫』(しかばねひめ)がテレビアニメ化され、2008年10月より『屍姫 赫』(シカバネヒメ アカ)のタイトルで、千葉テレビほか全国U局系&AT-Xにて放送。2009年1月には、『屍姫 玄』(シカバネヒメ クロ)のタイトルで、テレビアニメ第2期の放送も決定した注目のアニメだ。

◆ 『屍姫 赫』主題歌「Beautiful fighter」ほかangelaのコメント&PV映像

主人公の星村眞姫那が屍姫になった経緯や、屍を狩るシーンはやや過激だが、原作のストーリーには家族愛や友情、契約層と屍姫の絆なども描かれているほか、コミカルなシーンも多く、ただのグロくて不気味なホラー漫画というだけではない。

テレビアニメ『屍姫 赫』は、キャラクター設定は原作とほぼ変わらないが、ストーリーはテレビアニメ用に制作された完全オリジナルストーリー。星村眞姫那の声は、この作品が声優初挑戦となる女優・歌手・グラビアアイドルとして活躍中の秋山奈々が担当している。

そして、『屍姫 赫』の主題歌を歌っているのが、atsukoとKATSUの男女2人組ユニット、angela(アンジェラ)。岡山県出身の彼らは、2003年に「明日へのbrilliant road」でメジャー・デビュー。同曲はテレビアニメ『宇宙のステルヴィア』の主題歌に起用され、第8回アニメーション神戸・AM神戸賞(主題歌賞)を受賞した。その後も『蒼穹のファフナー』や『ヒロイック・エイジ』といったアニメ主題歌のほか、テレビ東京系ドラマ『ヴァンパイアホスト~夜型愛人専門店~』のオープニング&エンディングテーマを担当。2004年にはアメリカで開催される大規模コンベンション<Otakon>に出演を果たした。

『屍姫 赫』の主題歌となっているのは、彼らが11月12日にリリースしたシングル「Beautiful fighter」。カップリングの「My story」は、同アニメのエンディングテーマとなっている。独特の世界観と力溢れる楽曲でアニメを壮大に盛り上げる彼らの作品は、ぜひ一度聴いてみてほしいところ。

BARKSでは「Beautiful fighter」をはじめ、アニメ『蒼穹のファフナー』主題歌「Shangri-La」、『ヒロイック・エイジ』主題歌「gravitation」などのミュージック・ビデオを公開中。これまでアニメやアニソンに興味がなかった人も、このお正月休みにぜひご覧になってみては?これまで触れることのなかった世界に、思わずハマってしまうかも。

なお、12月25日には『蒼穹のファフナー』5周年記念トリビュートマキシシングルとしてangelaの新曲「約束」がリリースされている。

シングル「Beautiful fighter」
【初回限定盤】(DVD付)KIZM-21~22 ¥2,000(tax in)※デジパック仕様
【通常盤】KICM-3176 ¥1,200(tax in)※マキシケース仕様
2008年11月12日発売

『蒼穹のファフナー』トリビュートマキシシングル「約束」
KICM-1258 ¥1,200(tax in)※巻き帯仕様
2008年12月25日発売

◆ ガンガンコミックス『屍姫』公式サイト
◆ StarChild:屍姫 赫
◆ TOKYO MX *アニメ『屍姫 赫』
この記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス