hydeが明希と、tetsuがINORANと、逹瑯がhaderuと…豪華競演イベント速報

ツイート

L'Arc~en~Ciel、ムック、シドなど、多くの精鋭バンドが所属するMAVERIC DC GROUP所属アーティストたちが一堂に集結する年末の恒例イベント<JACK IN THE BOX>が12月27日(土)日本武道館で行なわれた。例年に勝るとも劣らない豪華な競演が繰り広げられたイベントのレポートを速報でお届けします!

<JACK IN THE BOX 2008>~写真編~

   ◆   ◆   ◆

2007年、hydeとGLAYがコラボレーションしたことで一大センセーショナルを巻き起こしたイベント<JACK IN THE BOX>が、2008年も12月27日(土)に日本武道館で行なわれた。

同じ事務所に所属するアーティストたちの、世代を越えたセッションが話題のイベントであったが、2007年のコラボがきっかけとなり、2008年は事務所の枠を越えたアーティスト同士の交流の場として盛り上がることとなった。

15時からスタートしたイベントは、金網で囲まれたステージにセットされるツイン・ドラムという、ある種不気味な雰囲気すら漂う空気を漂わせていた。そこに姿を現したのは、yukihiroのソロ・プロジェクトであるacid androidのメンバーを中心に構成されたセッション・バンド。Ministryのカヴァーを4曲披露し、この日のイベントが、これまでとは違う趣であることを感じさせた。

ギルガメッシュやゾロという若手のバンドのライヴの合間にセッションを挟む形で進んでいき、2008年にメジャー進出を果たしたシドが、メジャー・デビュー・シングル「モノクロのキス」を含む4曲で会場を大いに盛り上げる。

その後、ソロ活動中のkenも「Rock And Roll」(Led Zeppelin)や「白い花」(松山千春)のカヴァーと共に3月にリリースされるシングル「Deeper」を初披露。ハードなサウンドにkenらしい叙情的な歌詞が絡むことで作り上げる独自の世界観は、この日発表されたアルバムとツアー情報に期待を高めることになった。

そして、中盤。さらに会場をヒートアップさせたのは、出演予定の告知のなかったhydeが、ヒョウ柄のコートを身にまとい悠然とステージに姿を現したことだった。

プライベートでも交流があるというシドのベーシスト・明希が中心となりセッション・バンドを結成。「Sweetness」(Jimmy Eat World)と「3年前からどうしても一緒にやりたいっていうから、1回だけだぞって言ってやることになりました」というL'Arc~en~Cielの初期のナンバー「All Dead」を披露。なまめかしく柔らかい歌声と輪郭のしっかりとした演奏に客席からは悲鳴に近い歓声が沸き起こった。

そして、ソロとしては2年ぶりのイベント出演となるtetsuの呼びかけで集まった西川貴教(Vo、T.M.Revolution)、INORAN(Gt、LUNA SEA/Tourbillon)、雅-miyavi-(Gt)、SHUSE(B、ex-La'cryma Christi)、白鳥雪之丞(Dr、氣志團)の6人で行なわれたスーパー・セッション。

この日、自身のライヴを終えてから駆けつけたという西川は、「こんな機会に恵まれて、本当に嬉しい」と挨拶。さらにtetsuとの関西弁での軽妙なやりとりを挟みつつ、お互いの曲である「WHITE BREATH」「READY STEADY GO」を披露。それぞれのバンドの花形であるアーティストが集結しただけあり、左右に広がる花道を軽快に駆け回る姿は、まさに圧巻だった。

また、「俺たちが結成したときからお世話になってます。こんなすごいイベントに呼んでもらえるなんて感激です」と丁重に挨拶をしたのは、バラエティTV番組などでお馴染みのあの方が“haderu”と名乗り結成した“自称日本一低姿勢なヴィジュアル系バンド”jealkb。この事務所に所属するムックの逹瑯(Vo)との交流が深く、今回のゲストとして招待したのだとか。「こういうサプライズがたくさんあるのが、JACK IN THE BOX。そうだろ?」という逹瑯の言葉が、“びっくり箱”という意味のイベント・タイトルの意味を感じさせてくれた気がする。

ムックやBUG、そしてハードロックの一時代を築き上げた44MAGNUMのステージをたっぷりと楽しんだあと、ラストを締めくくるビッグ・サプライズとして、事務所に所属するヴォ-カリスト5人、Paul(44MAGUNUM)、kyo(BUG)、hyde(L'Arc~en~Ciel)、逹瑯(ムック)、マオ(シド)によるセッションが行なわれた。

44MAGNUMの曲をkyoが歌い、Die In Criesの曲をhydeが歌う。L'Arc~en~Cielの曲を逹瑯が歌い、ムックの曲をマオが歌う。そしてシドの曲をPaulが歌うという、夢のスーパー・メドレー。

時代を作り上げてきたアーティストたちが、それぞれの存在をリスペクトし合い、お互いにエールを送る。「この事務所は、44MAGNUMから始まりました。だから、この曲で締めたいと思います」という逹瑯の言葉をきっかけに、この日出演したメンバーが集結し、MARVERICK DC SUPER ALL STARSとして44MAGNUMの「SATISFACTION」で大団円を迎えた。

時代は変われど、音楽は永遠に続いていく。そして、世代は変われど音楽は受け継がれていく。このイベントが本当に伝えたいことが、まさに詰まった夜だったのではないだろうか。

◆Session-A
Vocal:anis(MONORAL)、Guitar:antz(acid android)、Guitar:kishi(acid android)、Guitar:tomo(acid android)、Bass:愁(ギルガメッシュ)、Drum:yukihiro(acid android)、Drum:yasuo(acid android)
1. Thieves
2. Burning Inside
3. The Missing
4. Stigmata

◆ギルガメッシュ
1. Break Down
2. smash!!
3. evolution

◆Session-B
Vocal:左迅(ギルガメッシュ)、Guitar:ミヤ(ムック)、Guitar:タイゾ(ゾロ)、Bass:たつひ(ゾロ)、Drum:Яyo(ギルガメッシュ)
1. rose
2. GLAMOROUS SKY

◆ゾロ
1. COSMO「S」フューチャー
2. ライオンベイビイ
3. KITSUNE

◆Session-C
Vocal:マオ(シド)、Guitar:ゆうや(シド)、Bass:YUKKE(ムック)、Drum:裕哉(ゾロ)、Key:小池敦
1. 丸の内サディスティック

◆Session-D
Vocal:逹瑯(ムック)、Vocal:haderu(jealkb)、Violin:hideki(jealkb)、Drums:elsa(jealkb)、G1:ediee(jealkb)、G2:mofto(jealkb)、Bass:dunch(jealkb)、key:chaos(jealkb)、MC:sakura(jealkb)
1. Link
2. 妄想アメリ

◆シド
1. 私は雨
2. モノクロのキス
3. 夏恋
4. エール

◆Ken
1. Rock And Roll
2. Speed
3. Deeper
4. 白い花

◆Session-E
Vocal:hyde(L'Arc~en~Ciel)、Guitar:ミヤ(ムック)、Bass:明希(シド)、Drum:ピエール中野(凛として時雨)、key:秦野猛行
1. Sweetness
2. All Dead

◆BUG
1. 美獣-Beautyful Beast-
2. Parade with the Midnightsun
3. NEW WORLD
4. Flower of Romance

◆ムック
1. ファズ
2. アゲハ
3. 蘭鋳
4. リブラ

◆Shinji(シド)
1. まだ友達がいた頃

◆tetsu
1. Fresh
2. REVERSE
3. Can't stop believing
4. Lonely Girl

◆Session-F
Vocal:tetsu、Vocal:T.M.Revolution西川貴教、Guitar:INORAN(LUNA SEA)、Guitar:雅-miyavi-、Bass:SHUSE(ex.La'cryma Christi)、Drum:白鳥雪之丞(氣志團)、key&Mani: 中尾昌文
1. WHITE BREATH
2. READY STEADY GO

◆44MAGNUM
1. I'm on Fire
2. It's Too Bad
3. Your Heart
4. No standing Still

◆Session-G
Vocal:hyde(L'Arc~en~Ciel)、Vocal:kyo(BUG)、Vocal:Paul(44 MAGNUM)、Vocal:逹瑯(ムック)、Vocal:マオ(シド)、 Guitar:ミヤ(ムック)、Bass:明希(シド)、Drum:SATOち(ムック)
1. MAVERICK DC SUPER MEDLEY 2008

◆JACK IN THE BOX2008オフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報