高橋幸宏のソロ作品に、世界各国のアーティストが集結

ツイート
2008年、Yellow Magic Orchestraとして28年ぶりのロンドン公演とスペイン公演を行なう一方、原田知世、高野寛らとの新バンド“pupa”を主宰し、アルバム『floating pupa』を発表するなど、大いに話題を呼んだ高橋幸宏。

そんな彼が、今度はソロ・アルバム『Page By Page』を3月11日にリリースする。ソロ・ワークスとしては約3年ぶり、22作目となる今作は、pupaのデビュー・アルバム『floating pupa』制作時と同時期の2008年初頭より制作がスタート。海外でもその音楽性を高く評価されている高橋幸宏だけに、アイスランド、ドイツ、チリ共和国、イギリスなど世界各国から素晴しいアーティストたちが高橋の呼びかけによって集結し、2006年発表の前作『Blue Moon Blue』とpupaのサウンドを継承しつつも、アコースティックかつエレクトロニカな作品に仕上がった。瑞々しくアグレッシヴなポップ・エッセンスを自在に操る、高橋幸宏ならではの作品となっている。

シガー・ロスのレコーディングやライヴの片腕的存在で、美しく且つ流麗なインステゥルメンタルを発表しているamiina(アイスランド)、ドイツのジャーマン・エレクトロ/ポスト・ロックの最重要バンドと呼ばれるLali Puna、ラテン音楽と電子音楽を混淆させた実験的かつポップな音楽で知られ、Senor Coconut名義で発表したY.M.O.のカヴァー・アルバムが大きな話題を呼んだAtom™(チリ共和国)、音楽的良き理解者であり、今や兄弟的存在とも言えるSteve Jansen(イギリス)、そして日本からは旧知の間柄であり、その音楽性をリスペクトするCornelius(コーネリアス)など、高橋幸宏が敬愛してやまない世界各国の愛すべき先鋭的なアーティストたちとのコラボレーションを含む珠玉の12曲。

さらに、アルバムのアート・ディレクションは、ファッション・ディレクターの祐真朋樹が担当。世界中を探しても見当たらない唯一無二のアルバム『Page By Page』は、ファンならずとも大注目の作品となりそうだ。

ニュー・アルバム『Page By Page』
TOCT-26798 ¥3,000(tax in)
2009年3月11日発売
※初回生産デジパック仕様

◆ iTunes Store 高橋幸宏(※iTunesが開きます)
◆ 高橋幸宏 EMI Music Japan公式ページ
この記事をツイート

この記事の関連情報