バーナード・バトラー、ブライアン・イーノらプロデューサー・アワードの候補に

ツイート
ブライアン・イーノ、元スウェードのバーナード・バトラーが、ミュージック・プロデュサーズ・ギルド・アワーズの候補に挙がった。UK版グラミー、Britアワーズと提携し、今年新しくスタートした同アワーズではプロデューサーのほか、ミキサー、エンジニア、スタジオなどが受賞対象となっている。

プロデューサー・オヴ・ザ・イヤーには、2008年UKで最も売れたアルバムとなったダフィーのデビュー作『Rockferry』、ケイジャン・ダンス・パーティ、ブラック・キッズらの作品を生み出したバトラー、2008年世界でも最も売れたアルバム、コールドプレイの『Viva La Vida Or Death And All His Friends』をプロデュースしたブライアン・イーノ、そしてイル・ディーヴォ、レオナ・ルイスを手がけたスティーヴ・マックの3人がノミネートされた。

現在、売れっ子プロデューサーの1人であるマーク・ロンソンは、インターナショナル部門で候補に挙がっている。

<ミュージック・プロデューサー・ギルド・アワーズ>主要部門のノミネートは以下の通り。

●プロデューサー・オヴ・ザ・イヤー
バーナード・バトラー
ブライアン・イーノ
スティーヴ・マック

●レコーディング・エンジニア・オヴ・ザ・イヤー
Cenzo Townsend
Haydn Bendall
James Towler

●最優秀ミックス・エンジニア
Andy Bradfield
Cenzo Townsend
Tom Elmhirst

●最優秀ライヴ・アルバム
デヴィッド・ギルモア『Live In Gdansk』
ガールズ・アラウド『Tangled Up』
Nephu Huzzband『Live In London』

●UKアルバム・オヴ・ザ・イヤー
コールドプレイ『Viva La Vida Or Death And All His Friends』
ダフィー『Rockferry』
エルボー『The Seldom Seen Kid』

●UKシングル・オヴ・ザ・イヤー
ダフィー「Mercy」
エルボー「One Day Like This」
レディオヘッド「Nude」

●最優秀リミキサー
Calvin Harris
Dan Turner
Gareth Jones

●革新的プロダクション
ブライアン・イーノ
ビョーク
マーク・ロンソン

●最優秀スタジオ
アビーロード
AIR Lyndhurst
British Grove Studios

●インターナショナル・プロデューサー・オヴ・ザ・イヤー
デンジャー・マウス
マーク・ロンソン
ロバート・ジョン“マット”ラング

発表は2月12日に行なわれる。プロデューサー・オヴ・ザ・イヤーの受賞者はBritアワーズの最優秀プロデューサーも手にする。

Ako Suzuki, London
この記事をツイート

この記事の関連情報